表紙
【多木洋一書作集】
 一 
書作集12000-2008
 二 百人一首とパリ雑感 2010-2011
 三 書作集2 2012
 四 書作集3 2013
 五 はがき漢字50選 2014
 六 はがき俳句50選 2015
 七 掛軸と扁額 2015
 八 心に響く詩・ことば 2016
 九
 筆文字ロゴ 2017
  落款を楽しむ 2018
  花の名 
2020 
【水墨画】
 一 水墨画習作1 2015
 二 水墨画習作2 2016
 三 水墨画習作3 2017
 四 水墨画習作4 2018
 五 水墨画習作5 2019

 六 臨画 2020 
【篆刻】
 一  篆刻千字文 2018-
 二 成語印 2000-
 三  落款印 2000- 
 四 自用印 2000-
【随想】
 一 人書倶老1
 2017
     誕生日・書画篆刻の楽しみ・中国人の書
 二 人書倶老2 2018

    落款を楽しむ・以書会友・待つということ・
    ペースメーカー・篆刻千字文・篆刻の字書・
    老眼・現代性・自分らしさ・紙を寝かせる・
    スペイン・游刻会展

 三 人書倶老3 2019
    パリの書道展・顔真卿展・印褥・漢詩・
    水墨画展・游刻会展・ファビコン・印泥・
    書と水墨画の筆・紙・墨・硯
 四 人書倶老4 2020
    花の名・シチリア・ネット印刷・
    スプレー糊の裏打ち・コロナ対策・カメラ・

【書を楽しむ法】 2000-2014
 はじめに
第一章 書の楽しさ
 一 趣味としての書 
 二 書の世界
 三 書の楽しさ

 四 自分の顔をした書を書こう
第二章 書を楽しむ法(基礎編)
 一 学ぶ目的をはっきりさせよう
 二 よい先生の選び方
 三 競書雑誌は主体的に利用すべし
 四 筆墨硯紙の選び方・使い方
 五 雅号をつけよう 
 六 好きな古典を自分の眼で選ぼう
 七 漢字はどう書くのが正しいか
 八 書道字典を買おう

 九 書の鑑賞とは  
 十 書道上達の秘訣
第三章 書を楽しむ法(応用編)

 一 作品づくりの心構え
 
二 臨書の方法論  
 三 書の評価とは
 四 物まねに終わっては意味がない
 五 一年に一つだけ作品を残そう
 六 書の原点は言葉から
 七 日本語をどう書くか
 八 書作のプロセス 
 九 印は自分で刻ろう 
 十 展覧会に出すのもいいが

 十一 書道史を考える
 十二 中国語のすすめ 
第四章 古典を楽しもう
 一 九成宮醴泉銘 (楷書)
 二 張黒女墓誌銘 (楷書)
 三 王羲之 (行書)
 四 王鐸 (行書)
 五 伊都内親王願文 (行書)
 六 書譜 (草書)
 七 趙之謙の篆書 (篆書)
 
八 石門頌 (隷書)
 九 香紙切 (かな)
 
十 漢印 (篆刻)
 十一 黄州寒食詩巻 (行書)

 十二 黄庭堅 (行書)
第五章 臨書のすすめ
 一 褚遂良 雁塔聖教序 (楷書)
 二 顔真卿 祭姪文稿 (行書)
 三 孫過庭 書譜 (草書)
 四 張黒女墓誌銘 (楷書)
 五 王羲之 蘭亭序 (行書)
 六 張遷碑 (隷書)

 七 龍門造像記 (楷書)
 八 米芾 蜀素帖 (行書)
 九 漢 木簡 (隷書)

 十 顔真卿 東方朔画賛 (楷書)
 おわりに

【旅行記・訪問記】 
 一 中国在野の書法家たち 1998
  (一)ウルムチの若き篆刻家,林仕令
  (二)微彫の老大家,鄒井人
  (三)西安の書法家,張敏

 二 ウルグアイ訪問記 2015
   ラムサール条約締約国会議
 三 G・クナッパー・ギャラリー 2015
   百鬼丸「切り絵の世界」展

【質問コーナー】
   
皆さんからのご質問にお答えします。
 一 手本は習わなくてもよいのか
 二 裏打ちを自分でしたいのですが
 三 ドイツの書道事情 
 四 書風の統一感を養うには
 五 印泥の色と値段について
 六 補筆について 
 七 「書の至宝展」の一押しは 
 八 古典の良さを他の人に伝えるには


読者の声