第四章 古典を楽しもう

十 漢印−風化・損傷の美−

○印は分からない金印

 世間ではよく「書は分からない。」と言われます。
しかし,書以上に分かりにくいのが印つまり篆刻ではないでしょうか。


 日常用いられているハンコは点画が明瞭なのが当たり前です。
ふだん使っている三文判にしても,不動産取引など重大な場面に登場する実印にしても,一部が欠けたりすると,縁起が悪いなどといって新しいものに替えたりするほどです。

 それなのに,書道の展覧会に出品される篆刻作品ときたら,わざと字画をつぶしたり,線にぎざぎざをつけたり,しまいには輪郭を切ったり削ったり,やりたいほうだいも極まれりです。
こうした代物を見せられるほうとしては,
「この巨大な壊れたハンコの一体どこがゲージツなの?」
と文句の一つも言いたくなるのも無理はありません。
 しかしこれには深い訳と事情があるのです。

○印の源流は漢印

 印の源流は漢印です。
漢印というのは,漢時代に作られた,官職や人名が刻まれた印のことです。
 当時,印はそれを持つ人の官位を表すステータスシンボルとしての意味をもっていたため,材質も玉や金,銀,銅などの貴金属が用いられました。
鈕(ちゅう。つまみの部分)も動物の形をかたどったりして意匠を凝らし,様々な装飾が施されました。
冒頭の写真は金印「漢委奴国王」の鈕で,これは蛇をかたどったものです。
そして印面には,印篆といって正方形の中に文字が整然と収まるように形が工夫された篆書が刻されました。

 漢印の本来の姿は,この「漢委奴国王」のような実にみごとにきれいな形をしています。
中学校の歴史の教科書にも出てくるように,この印は後漢の光武帝が北九州の奴の国王に授与したことで有名な国宝の金印です。
材質が金でできており保存状態もよかったために,ほとんど腐食や損傷がなく,まるでたった今作られたばかりのような姿です。
この印などは現代においても,例えば○○株式会社の社判として使ったとしても,何の違和感もないことでしょう。
 さて問題はここからです。


漢委奴国王偏将軍印 南海守丞

○風化・損傷の美

 漢印の多くは銅で作られました。
金属とはいえ,数百年,千年という長い年月の中で印面は少しずつすり減り,風化し,あるいは傷がついていきました。
そして甚だしい場合には一部分が欠けたり,長い間の腐食で印面が凸凹になってしまったものもあります。
その顕著な例を「偏将軍印」に見ることができます。

 また,製造上の問題で印面が荒れる場合もあります。
銅印は主に鋳型に銅を流し込んで作られたと考えられていますが,鋳造がうまくいかなかったり,鋳型がよくなかったために細かい部分がつぶれたり,点画がゆがんだりしているものもあります。
原印を見ていないので断言はできませんが,例えば「南海守丞」などはそうした例ではないかと思われます。

 このような風化や損傷の痕は,長い時間の中で自然に変化したり,製造過程で偶然に生じたものです。
ところが人間の感覚というものは不思議なもので,中国の清の時代になるとこうした風化や損傷の痕を美しいと感じる人達が出てきました。

彼らは自分の印を作るときにも,自然にあるいは偶然に生じたはずのこうした特徴を意図的に取り入れ,さらに芸術表現としての誇張を加え,印の表現の新しい在り方を模索し,開拓しました。

 その結果として印は,文字すなわち言葉を能動的に表現しうるという点で書と共通した性格をもつようになり,篆刻という名の書の新しい一分野として誕生したのです。
 こうした事情から,現代に至るまで篆刻は風化・損傷の美を表現の主要な手法としています。
現代の篆刻家が,せっせと字画をつぶし,線にギザギザ,トゲトゲ,腐食味をつけ,輪郭を太らせたり削ったりしているのは,こうした篆刻の歴史を背負っているからなのです。

○漢印のよさ

 そういうわけで,漢印にはそれ以降の印が拠って立つ表現の萌芽がすべて含まれているといっても過言ではありません。
印の様式として最も完成された姿から,最も崩れた姿まで,そしてその間の無数のバリエーションと表情をもつ作例が漢印によって示されているのです。
漢印は今後永遠に,篆刻家のバイブルであり続けるに違いありません。

 ところで,皆さんはここに掲げたいくつかの漢印を見て美しいとお感じになりますか。
よいものだとお認めになりますか。

 二玄社の『書道講座(篆刻)』の中で,松丸東魚が次のように書いています。
「漢印というものは一見単調のようで,初心者にそのよさなど簡単にわかるものではない」
 当時,生意気盛りの高校生だった私は,これを読んで
「何だと!そんなら漢印のよさを分かってやろうじゃないの。」
といきがって,漢印とさんざんにらめっこした思い出がありますが,やっぱり無理でしたね。
十代の小僧っ子に,漢印のよさがわかるはずもありません。

 私が漢印の良さをいくぶんかでも理解できるようになってきたのは,趙之謙や呉昌碩にぞっこんほれ込んで模刻を重ね,浙派や現代の篆刻家の作品などもおもしろいと思ったものは手当たり次第に模刻し,その一方で自分の雅号印や詩句印なども好き放題刻ったりした後,しばらく篆刻から遠ざかって冷却期間をおいてから後のことです。

 こうした私の経験からいうと,趙之謙や呉昌碩,斉白石などの,個性豊かで華麗な印に夢中になっている間は,漢印のよさはなかなか分からないものです。
派手な表現技法にばかり目を奪われているときには,漢印の一見地味で無愛想な雰囲気の中にはすなおに入っていけないのです。
私たちが芸術家面をして,自分の作品のヒントや参考になる技法を探し求めている限り,漢印はよそよそしい顔しか見せてくれません。

 漢印のよさがわかってくるためには,様々な傾向の印を見たり,実際に自分で印を刻ってみたりして鑑賞眼を養うことが必要なのはもちろんですが,もう一つ大切な要素は,年齢だと思います。
ある程度年齢が進んで,一種のゆとりの気持ちが出てこないと漢印の理解は難しいような気がします。
 そういうわけで,どこまで納得していただけるかわかりませんが,以上挙げた三つの漢印について今の私が感じていることをお話することにいたしましょう。
 なお,細部を見やすくするために印の画像は3割ほど拡大してあります。

○漢委奴国王漢委奴国王

 松丸東魚のいう「一見単調」の見本のような印です。
 素人にとっては単にきれいに刻ってあるだけの,町のハンコ屋さんのハンコと変わらない印,篆刻をちょっとかじった人にとっては単調で面白みのない,芸術性のかけらもない印と見えることでしょう。
 しかし,心を落ち着けてじっくりと一分間眺めて下さい。

 五つの文字が,完璧な分間布白の中に,ぴったりと収まっています。
直線主体の「漢」にしても曲線主体の「委」と「奴」にしても,窮屈そうにしている文字はひとつもありません。
それどころか文字と文字の間にはゆとりがあり,それぞれの文字は実に伸びやかです。
それは髪の毛一本ほどの細いすきまや,針で一突きしたほどの小さな空間をも大切にして,決してつぶしていないからです。

 そしてさらに目を凝らしていると,一見無表情にしか見えない一本一本の点画が,実はとても微妙な表情を持ちながらゆったりとうねっていることに気がつきます。
 例えば,「漢」のさんずいの左上の画が最後のところでくりっと左に向いた茶目っ気。
「委」や「奴」の女の足をもちもちとした感触で色っぽく折りたたんだ風情。
それはその右隣の「漢」の直線との対比で一層鮮やかに浮かび上がってきます。
「国」は中身が複雑ですが,どんなに短い画でも起筆と終筆とがしっかりと形作られ,少しもおろそかにしていません。
「王」の三つの横画はさながら心張り棒のように横からの圧力をしっかりと受け止め,「王」が抱え込んでいる大きな空間は,この印全体のなかで見事なアクセントとなっています。

 こんなふうに「一見単調」の中にひそむ表情の豊かさと微妙な変化が見えてくると,印がおもしろくてたまらなくなるのです。

○偏将軍印偏将軍印

 いいですね。文句なくいい。
 風化・損傷の美学,ここに極まれりです。
 印の周囲はすり減って,四つの文字の辺縁に接する部分は消えかかっています。
人間の手によって作られた人工物が,自然の風化を受けて少しずつ少しずつ形を失い,ついには自然に還っていく,そんな悠久ともいえる時間の流れを感じさせる印です。
 しかしこれほどまでに風化が進んでも,思いのほか文字がしっかりしているのには驚かされます。それはもともとの文字の点画がそれだけきちんと作られている証拠です。

 腐食味も長い時間をかけてできただけあってまことに自然で嫌味がありません。
清朝の呉昌碩に始まる篆刻家の腐食味の表現はこれらの漢印にヒントを得たものですが,往々にしてわざとらしいものになってしまうことがあるようです。
 この印は曖昧模糊としている分,様々な空想を可能にさせてくれます。
私は,左下の「印」の字を眺めていて,濛々たる烟霧の中に姿を消してゆく巨大帆船を連想しましたが,皆さんはいかがでしょうか。

○南海守丞南海守丞

 これもいいですね。
 もともとの文字もかなりゆがんでいるようですが,それがさらに風化と損傷を受けて,ますます味わいを深くしています。
芸術作品としての観点から見ると,変化の妙を尽くしていて,いつまで見ていても飽きません。

 「」は左の縦画はすっくと立っているのに,右側は対照的によたよたしてほほえましい表情を作っています。
 「」も表情豊かです。
さんずいの三本の縦画はくっついたり離れたりしています。
さんずい全体としては真っ直ぐなのですが,真ん中の縦画の頭が左にくっついているために,左に倒れているように見えます。
「毎」の中の二点はなかなか鋭いまなざしですね。
折りたたんだ足はごにょごにょと行方がわからなくなってしまっていますが,鋳造のときに流れたのでしょうか,それとも損傷を受けたのでしょうか。
いずれにしてもこの雰囲気は魅力的ですね。

 「」は一転して堅牢な作りです。
うかんむりで上と左右をかっきりと区切った中に,どこにも触れさせずに「寸」をどっしりと据えています。
このため「寸」のまわりに大きな空間が生まれ,印全体の中で際立ったアクセントとなっています。
 「」は頭でっかちで不安定です。
一番下の横画は,「海」の下部と同じく鋳造の失敗でしょうか。
中央の縦画など,ふらふらして今にも倒れそうですが,両側から二本の手に支えられてようやく立っているといった風情です。

 この印は一見ごたごたしているように見えますが,それぞれの部分の表情はとても豊かで味わいが尽きません。
そこでひとつこんな感じで自分の印を作ってみたい,という誘惑にかられますが,実際やってみるとそう簡単にできるものではありません。

 そこで改めて漢印の凄さを思い知らされるのです。


(参考文献)『書道講座(篆刻)』一九七三年,二玄社