2 裏打ちを自分でしたいのですが

【質問】

 書道を初めて5年になります。
 不躾で失礼ですが、相談に乗っていただきたいことがありまして、お便りいたしました。
 筆で字を書いたりするのが大好きで、今現在教室などには通ってないのですが家で細々と作品作りをしています。
 相談にのって頂きたいことというのは、書いた作品をきちっとした額ではなくて、アクリルとアクリルで挟んで、四隅をボルト付けしたような透明の額に入れたいのですが、半紙だと薄いのでどうしてもズレてくるのです。
 そしてどうしても、皺がでてしまいます。表装屋さんにお願いすると、とても高価だと聞きました。あんまり懐に余裕がありませんので、自分でなんとか解決したい、と思っています。
 素人でも、自分で厚紙のようなものに張る方法があるのでしょうか?
 文具店に表装用のスプレー糊のようなものが売られているのを見たことはあるのですが…
 もしよろしければ、お知恵をお貸しくださいませ。

【回答】

 作品の裏打ちということですね。
 私の経験から言うと「クレタケ 裏打専用紙」がお勧めです。
 霧吹きで作品を湿らし,生乾きになったところで,裏からこの裏打専用紙を当て,アイロンで熱するだけで裏打ちができます。
 私は一度,全紙判(135センチ×70センチ)の大きさの作品をこれで裏打ちしたことがあります。あまりの大きさにアイロンをかけるのにも力がいるし,どうしても皺やたわみが出てしまって苦労しました。
 しかし,半紙判の大きさであれば,霧の吹き具合やアイロンのかけ具合などのコツさえ覚えればきれいに仕上がります。
 ただし,熱加工による裏打ちですので,張り直したりやり直すことはできません。
 その点はご注意下さい。

 お値段の方ですが,半紙判ですと10枚入りで525円(税込み),つまり一枚約50円ですから,練習用に数枚つぶしたとしても,表具屋さんに頼むよりずっと安いと思います。
 なお,半切判は5枚で1,575円,全紙判は5枚で3,150円です。

 ちなみに小学校などでも,児童の作品の裏打ちにはこれを使っているようです。
 書道用品店や文房具店で扱っていますので,どうぞお試し下さい。

クレタケ裏打専用紙

株式会社 呉竹精昇堂
〒630−8141 奈良県奈良市南京終町7丁目576番地
電話 0742−50−2050