【人書倶老3】
書画篆刻についての随想です。2019年。

1 パリの書道展

明けましておめでとうございます。2019年の幕開けです。

昨年2018年12月4日から9日まで、パリで在仏日本人会の書道展が開催されました。
在仏日本人会というのはフランスに在住する日本人たちが集まって作り上げた組織で、お互いの情報交換や相互扶助、さらには文化活動などを行っています。
私も2007年から2009年までフランスに滞在し、その際に在仏日本人会の書道同好会の皆さんと親しくさせていただきました。
特に会長であり指導者である安本年子先生にはたいへんお世話になったものです。

今回、安本先生からのお声がけをいただいて、私もパリの書道展に書と水墨画を何点か出品しました。
私の方は書き上げたものをマクリの状態でフランスに送るだけですが、表具や飾り付けの一切をやってくださるのが安本先生はじめ会員の皆さんです。
そのご苦労を思うと感謝に堪えません。

会場はいつもの通り、パリ国際大学都市の日本館。
パリ国際大学都市というのは、フランスの高等機関で学ぶ留学生や研究者のために各国ごとに作られた学生寮で、全部で40か国もの寮があります。
日本館は、1929年に日本人実業家の薩摩治郎八が寄贈したもので、堂々たる日本風の建築を誇り、講堂には藤田嗣治の名画が飾られています。
この講堂のピアノではかつてフジ子ヘミングも演奏しています。

花の都のパリ、しかも日本の文化を伝える由緒正しい建物の中での書道展です。
下の写真は私の作品のコーナー。
お恥ずかしいものですが、多少なりとも日本の文化をフランスの皆さんにお伝えできればと願っています。

(2019年1月)


パリ国際大学都市の日本館


パリの書道展。私の作品のコーナー。
2 顔真卿展

東京国立博物館で開催されている顔真卿展を観てきました。
目玉は台北の故宮博物院から初来日した顔真卿の祭姪文稿ですが、それ以外にも多くの名跡が展示されており充実した展覧会でした。
いつも思うことですが、書の鑑賞には印刷物になると消えてしまう墨色の微妙な濃淡や筆のごくわずかな動きなどがとても大切です。まさに神は細部に宿る。拓本にしても原拓の古色蒼然とした色合いは現物でないと味わえないものです。
なお、こうした展覧会は朝一番で行くのがお勧めです。今回は事前にチケットを買っておいて、朝9時30分の開門と同時に入場したので、混み始める前にじっくりと鑑賞できました。

以下は個人的なメモです。お読みいただくほどのものではありません。
▼開通褒斜道刻石(後漢)。全拓はさすがに迫力がある。古隷の力強さと剥落した風化の美が迫ってくる。▼真草千字文(智永)。紙は黄ばんでいるが墨は黒々としている。漆黒の文字が浮かび上がってくる感じ。つくづく墨の力というものはすごいと思う。▼九成宮醴泉銘(欧陽詢)。海内第一本ほか拓本数種。子供のころから親しんできた古典だが、こうして見るとやはり原拓の古色は味わいが深い。▼行雁塔聖教序(褚遂良)。序と序記の全拓を両方並べてくれているので全体像が把握できる。序は厳しく引き締まった感じ、序記は文字が大きく間隔も空いていてやや緩んだ感じがするのは従来の印象通り。▼妹至帖(王羲之)。最近改めて王羲之に親しんでいることもあって、妹至帖の現物に出会えたことに感激。▼記泰山銘(玄宗)。巨大な拓本。ここだけ写真撮影オーケーとのことで、たまたま近くにおいでになった方からスマホ撮影を頼まれる。たぶん書家のK先生だと思う。▼草書孝経巻(賀知章)。筆の動きがダイナミックですごい。にじまない紙に薄目の墨で書かれているので筆尖の動きがよく分かる。▼麓山寺碑(李邕)。骨格の強さが際立っている。この骨格の強さは自分の字には欠けているものなので改めて習ってみようかと思う。▼祭姪文稿(顔真卿)。今展の目玉。朝早く行ったのでそれほど混雑しておらず、行列に二度並び直してじっくり鑑賞。現物ならではの迫力に圧倒される。最終行の波乱の姿は悲憤の心情の吐露か。全体として見ると塗抹の跡が効果的なアクセントになっている。▼自叙帖(懐素)。全巻が展べられているのを見るのは初めて。これだけの長巻にもかかわらず筆をはずしたり緩んだりしたところが全くない。この緊張感を持続させるスタミナとエネルギーに感嘆する。最終部分での爆発的な展開はもはや人間業とも思えない凄さ。▼千金帖(懐素)。一転して枯淡の境地。この表現の幅の広さよ。書人かくありたし。▼崔子玉座右銘(空海)。中学生の頃この字にあこがれてずいぶん真似をしたものだ。顔真卿の影響を受けているとはいえやはり日本的な受容の姿である。▼李嶠雑詠断簡(嵯峨天皇)。筆画に力があり文字の構えに風格がある。中国の書に引けを取らない。▼伊都内親王願文(橘逸勢)。すでに日本的な崩れを見せる。内親王の赤い手形がそこかしこに押してある。▼道風、佐理、行成。日本人としていろいろな意味で身につまされる書。▼伏波神祠詩巻(黄庭堅)。濃墨だが決して重くない。底知れぬ深さを感じさせる。このスケールの大きさには到底及びもつかない。▼草書四帖(米芾)。黄庭堅の隣で個性の違いが際立つ。虹県詩巻も見たかったが会期後半の展示とのことで今回は出会えず。▼明清名家。それぞれに独自の風格を出している。趙之謙三十歳の若書き「不俗即仙骨、多情乃仏心」が良い。

(2019年2月)
 
 3 印褥

篆刻は印を刻するものですが、刻した印をきれいに押してはじめて作品として完成します。
印を押すことを鈐印(けんいん)と言いますが、これがなかなか難しいのです。
小さい印であれば、平らな机や板の上に半紙を何枚か敷いてその上で押せばよいのですが、これが5センチ、6センチ角の大きな印となるとどうしても印影にむらが出てしまいます。

大きな印を押すのによく使われる方法としては、印を押した状態で印箋ごとひっくり返し、版画で使うバレンで裏からこするのが一般的ですが、こすったときに印箋がずれてしまったり、印の側面に付着した印泥で周囲が汚れてしまったりしてなかなかうまくいきません。

いろいろ試した結果、私はガラス製のカッティングボード(まな板)を使っています。
このカッティングボードは某生命保険会社から頂いたもので、大きさは20㎝四方の小ぶりのもので、ガラスの表面には細かな凹凸があります。
この上でこすると、ガラスの凹凸がバレンの役目を果たしてくれてきれいな印影が得られます。
実際のやり方としては、カッティングボードの上にトレーシングペーパーを敷き、その上に印箋を置き、印泥を付けた印を載せて、円を描きながら丁寧にこすります。
角が浮いているような印の場合は、その部分がよく写るように、やや傾けながらこすります。
トレーシングペーパーを敷くのは滑りをよくするためと、印箋が破れないようにするためです。
こすっているときに滑りが悪くて紙がずれる場合には、ガラス面に椿油などを少量塗って滑りをよくします。

この方法を用いるようにしてから、私は大きな印でもほぼ間違いなくきれいな印影が得られるようになりました。
印を押す台を印褥(いんじょく。印のしとね)と言いますが、このガラスのカッティングボードは私にとって愛用の印褥となっています。

(2019年3月) 
 
鈐印(けんいん)風景
4 漢詩

昔買った進藤虚籟の「書のための漢詩手帖」をあらためて読み返しています。
昭和62年(1987年)に木耳社から出版されたものですから32年前の本です。

著者の進藤虚籟(1926-2006)は眼科医にして漢詩人、さらには由比晋の筆名をもつ歌人でもある多才な人です。
進藤虚籟はかつて競書雑誌「書源」に「漢詩の味」という題で連載していました。私はその練達の文章を読みながら、今や日本人には縁遠くなっている漢詩という形式によくぞ現代の風物や思想、感覚を盛り込めるものだと感心していました。また自作の漢詩に加えて、世相や政治を批判した文章も辛口で小気味よく、毎回楽しませてもらっていました。

漢字書道といえば現在に至るまで題材として漢詩を書くことが当たり前とされていますが、当時の私としては、書の題材は何も李白や杜甫ばかりではあるまい、進藤先生のように現代に即した漢詩を作る方もおられるのだから、ひとつ自分でも漢詩をひねってみたいとの思いもあったのですが、いざこの本を読んでみると平仄やら押韻やらの規則が複雑でまるでパズルを組み立てるように難しく思え、到底これは自分には手に負えないと思い知って断念したほろ苦い思い出があります。

ただ、今回読み返してみて、いわゆる「詩語」には実に雅びなものがあり、それ自体が書作の題材になりそうですし、また落款文にも使えそうなので、これから活用させていただこうと思っています。
 
(2019年4月)
 
5 水墨画展

2019年4月7日から13日まで、第7回現代水墨「酒湖の会」合同展が開催されました。
これは、水墨画家の酒井清一(翠酒湖)先生が茨城県の各地で指導されている生徒たちによる合同展で、毎年1回開かれています。
私は今年で4回目の参加となりますが、毎年苦労しながらも何とか出品を続けています。

毎回、酒井先生はじめ会員の皆さんの作品を見るのが楽しみで多くの刺激を受けますし、何と言っても最終日に行われる酒井先生のギャラリートークからは貴重な示唆を受けています。
今回のギャラリートークでも技法的な説明のほかに、水墨画は写意画なので自分が何を描きたいのかを突き詰めること、自分独自の視点を持つこと、現場に赴き五感を働かせて感じ取ることが大切であることなどを教えられました。

習い事や芸事は何でもそうでしょうが、拙いながらも自分でやってみることの楽しさは格別です。
今まで見えていなかったものが見えるようになり、少しずつではあっても今までできなかったことができるようになるのは嬉しいものです。
私は書画篆刻を嗜んでいますが、水墨画を学ぶことによって書と篆刻における視野も広がったような気がしています。
人生楽しいかな。

(2019年5月)  
 
6 游刻会展

元号が平成から令和になった2019年5月、游刻会の展覧会が8日から13日まで茨城県のひたちなか市市民交流センターのギャラリーで開催されました。
ひたちなか市市民交流センターはビルの一階にあるこじんまりした会場ですが、篆刻の展示にはちょうどよく、会員9名がそれぞれの作を持ち寄って展示しました。

游刻会では年2回、5月にひたちなか市市民交流センターで、10月に水戸市の偕楽園公園センターで展示会を行っています。
これに加えて水戸市にある茨城県立図書館で開催したこともありましたが、毎回各自5~8点を出品するので年3回ではさすがに多すぎて制作が間に合わないという現実的な理由で、現在は春と秋の年2回に収まっています。
游刻会展覧会の特徴は無料の篆刻体験コーナーがあることで、今回も会期中9名の方がご自分の名前の印を刻っていかれました。

篆刻は、篆書の扱い、印面構成、印刀を用いての刻と、道具や技法が特殊なため、初心者にはなかなかとっつきにくい面があります。
しかしながら、方寸の世界すなわちわずか3センチ四方の中に心を遊ばせ、自分なりの世界を作り上げるのはたいへん楽しく、かつ奥が深いものです。
こうした展覧会などの機会を通じて、できるだけたくさんの人たちに篆刻の楽しみを広めたいと思っています。

(2019年6月)