一 中国在野の書法家たち

(三) 日本での成功を夢見る書法家,張敏牡丹と葡萄の絵

○値引き交渉

 中国での買い物は定価というものがないので,我々日本人はとてもとまどいます。

友誼商店などで,苦心惨憺の値引き交渉の末ようやく三割引きで買い,満足して次の店に行くと,なんと同じ物が半値で売られていたりします。
しかもそれからさらに値引きするというのですから,開いた口がふさがりません。
いったい原価はいくらなんだ,と言いたくなります。

 自由市場に至っては,商人の言い値の十分の一の値段をまず提示して,双方が歩み寄るまで延々と交渉を続けなければなりません。
それどころか,商人によっては値段も言わず,
「さあ,あんたはこれをいくらで買うんだ。値段を言え」
 とばかりに,いきなり電卓を差し出してくる人さえいます。

○西安空港にて

 こうした中で,経験上,空港の売店が一番値段が安いということがわかったので,西安空港でも,ずらりと並ぶ土産物屋を冷やかして歩いていました。
すると,一軒の掛軸を扱うお店に人だかりができています。
どうやら何かやっているらしい,と近寄ってみると,張敏さん(三十八歳)という書法家が,流暢な日本語で早口にまくし立てていました。

「この掛軸,三千円。安いよ。私ウソ言わない。
友誼商店で二万円で売ってる。それ値引きして五千円で売る。
日本人喜んで買う。でもホントは三千円。
原価に税金ちょっと乗せて三千円。さあ,買わないか?」

 今までさんざん値段のマジックに惑わされてきたせいもあって,なるほどそのとおりだと感心し,何人かの人が掛軸を買いました。
私も牡丹と葡萄の絵(写真上)を三千円で買いました。
名作と言えるようなものではありませんが,牡丹と葡萄の取り合わせや構図もよく,なかなかの筆さばきです。
表具が少々お粗末とはいえ,日本で買ったら一万円は下らないでしょう。

○実演販売張敏

 その場に居合わせた人たちがひととおり買い物を済ませると,張敏さんがにこにこして言いました。

「ありがと,ありがと。お礼に一枚書いてあげる」
 その場でさらさらと漢詩を書いて,落款には,
「○○先生教正」(○○先生の教えを乞う)
 と書いてくれるのです。

「先生」というのは,中国語では外国人に対する多少の敬意をこめた「さん」ぐらいの意味ですが,日本語では教師やエライ人の意味になりますから,書いてもらった人は何だかこそばゆいような感じがしてしまいます。
張敏さんはそこのところをよく心得ていて,
「あなた,私より日本語うまい。だから私の先生」
 などと言うので,皆大笑いです。

 私にも一枚書いてくれるというので,
「それでは,以和為貴と書いて下さい」
 とお願いしました。
張敏さんは早速筆を執ると一気に書き上げました(写真)。
一枚きりの一発勝負なので,結体に多少乱れているところもありますが,気迫と躍動感のあるいい字です。

 張敏さんは,
「私は,書も絵も篆刻もやる」
 と言うので,
「三絶ですね」
 とほめると,
「私,来年,東京に行って展覧会をやる」
 と言います。
東京で展覧会を開いて成功すれば,かなりの高収入が期待できます。
張敏さんにとって日本は,自分の作品を売り込むための重要なマーケットなのです。
 
流暢な日本語も,その際に大いに役立つことでしょう。
快活でユーモアたっぷりの張敏さんの成功を祈って,お店を出ました。

○中国の書法家のたくましさ

 さて,今回の旅行で知った三人の書法家を通して感じたことは,自分の作品を売り込もうとする強烈な意欲と,真剣勝負の場で自分を鍛えようとする彼らのたくましさでした。

 林仕令さんは三十歳という若さもあって,自分の刻料は低く押さえ,主に印材の売買によって利益を得ています。
そして,お客の目の前で刻印するという逃げ場のない状況に自らを置くことによって,着々と自分のカを磨いています。

 鄒井人氏は,すでに地方の大家としての名声を確立しているので,悠々自適の生活で作品を生み出しながら,それを自分の息子に販売させています。
決して安くはないその値段は,明らかに日本人をはじめとする外国人をターゲットとしているようです。

 張敏さんにしても,お客の注文に応じて一発勝負で揮毫してみせるという,一種の名人芸を披露しながら,巧みな話術で自分の商売を盛り上げています。
初対面のお客の前で,たった一回限りで作品を仕上げなければならない重圧というのは大変なものでしょう。
彼らの技量は,そうした訓練の積み重ねによって培われているものなのです。

 こうした彼らのプロ意識に感心する一方で,われわれ日本人にはやはり,自分の字を堂々と人前で書いて売るということには抵抗があります。
書というものの社会への根づき方が,日本と中国では違うという側面もあるのでしょう。
日中の書法家のあり方の違いについていろいろと考えさせられた今回の中国訪問でした。

(1998年7月記)