第三章 書を楽しむ法(応用編)

九 印は自分で刻ろう-印づくりの面白さをお伝えします-

〇作品には印を家蔵の印材

 言葉選びから始まって,材料選び,作品のイメージづくり,ああでもないこうでもないとの試行錯誤の結果,ようやく作品ができあがりました。
つたないとはいえ,自分が心を砕いた作品ですから,ぜひとも印を押して完成された形にしたくなります。
白い紙に墨で書かれた作品に文字通り紅一点の印が押されると,視覚効果は抜群で作品も一段と締って見えるものです。

 そもそも印というのは,その人の人格を代行証明するもので,文書に印を押すことによって初めてその文書の内容が効力を発すると考えられているものです。
 さらに言えば,日本人一般の心理の奥底には,印というものに対する呪術的な信仰があるように思います。
枠によって区切られた極小の神聖な空間の中に,恐れ多くも篆書という今では誰も読めない古代文字が鎮座ましまし,それが血の色あるいは異界の色ともいえる赤い色で押されることに対して,一種の神々しさの入り交じった有り難さを感じるのでしょう。
言ってみればおまじないに過ぎませんが,皆がそれを信じている間は現実的な力を持ち続けるのです。

 書においても印が押されていないものは正式な作品とは見なさないという考え方があって,書家の中には,自分の書いた作品に軽々しく印は押さないという人がいます。
どうやら印のあるなしで作品の値段が違うためらしいのですが,しょせん我々には縁のない話です。
皆さんはゆめゆめそんなもったいはつけないように。
印は作品のワンポイントぐらいに考えて,どういう使い方をすれば作品が効果的に引き立つか,そのための工夫を自由に試みてほしいと思います

〇自用印がほしい

 さて,作品の大きさや内容などによって,それにふさわしい印の種類が違ってきます。
私の経験からいうと,自分の作品用として揃えておきたい印の数は最低十顆,できれば五十顆はほしいところです。

 作品の大きさとして短冊から色紙,半紙,半切,全紙ぐらいまでを考えるとして,それぞれに書く文字数と文字の大きさの違いも考慮すると,二分(6ミリ)から一分きざみに一寸(3センチ)ぐらいまで,九種類の大きさの印が必要です。
それぞれについて姓名印と雅号印が幾種類かずつ,さらに条幅の右上に押す引首印,右下に押す押脚印,それ以外にも自分の気に入った文句を刻した遊印もほしいとなると,それだけでもう数十顆になります。
さらに日本特有の問題として,漢字の作品か仮名の作品かあるいは現代文かという作品の性格の違いがあります。
漢字作品にふさわしい堂々とした印は,かな作品にはまず合いません。
かな作品用には,細身の朱文印で日本的わびさびの味付けをした枯れた感じの印がよく使われているようです。
一方,現代文には,その言葉と作品の雰囲気にあった近代的なセンスのある印を使いたいところです。

 ではこうした印をどうやって手に入れるか。
 身近に篆刻をやっている人がいて,気軽に頼めるのであればそれもいいでしょうし,本格的な印がほしいとなれば篆刻家に頼むのもよいでしょう。
知っている篆刻家がいない,あるいはいても頼むのが煩わしいという場合は,通信販売という手もあります。
書道用品店や競書雑誌などにはよく雅印の広告が出ています。
例えば,半切に漢字二行を書いた作品に押す印として,七分角(2.1センチ)の雅号二文字の朱文印を注文したいと思った場合,いま手近にあった広告の値段表(これを潤規といいます)を見てみると次のようになっています。

A先生 八千円。印材込み。四字以内であれば値段は同じ。印の大きさによって値段が違い,三分角から五分角までは六千円。それ以上は一分増すごとに千円増し。
B先生 一万円。印材込み。四字以内であれば値段は同じ。印の大きさにより八千円から一万一千円ぐらい。
C先生 一万六千円。印材込み。印の大きさにかかわらず一文字あたり八千円。
D先生 二万円。印材込み。四字以内であれば値段は同じ。印の大きさにより一万五千円から二万四千円ぐらい。

 ここで印材込みの値段という意味は,注文する側が印材を用意した場合でも値段(これを潤印料といいます)は安くなりませんということです。
注文する方としては,それぞれの先生の作風と値段とを見比べながら,これぞと思う先生に依頼することになります。
 この方式は実にビジネスライクでめんどうな気遣いがいりません。
ただ一つ問題があるとすれば,出来上がってきた印を見て気に入らなかったり,自分が期待していたのとは違う,こんなはずじゃなかったという場合です。
しかしその場合でも,これじゃ嫌だからもう一度刻り直してくれとはまず言えませんから,自分の希望するイメージや注文があるなら,事前にはっきりと相手に伝えておくことが必要です。

〇自分で刻れば面白い

 さて,不景気時代の貧乏サラリーマンとしてははんこ一つに一万円は痛い,ということになればやはり自分で刻るしかありません。
とはいっても印を刻ること自体けっこう面白く,篆刻はそれだけで一つの趣味になりうるものなのです。

 多くの方々が篆刻に二の足を踏むのは,墨と朱で文字を反対に書いてそれを印刀で刻るなんてどうも難しそうだという先入観があること,そして印材やそれを固定する印床,印刀,朱墨などの道具を用意するのが面倒だしどこで買ったらよいかわからない,それにそもそも教えてくれる先生がいない,というようなことからでしょう。
でも,何も篆刻で飯を食っていこうというわけではなく,自分用の印を作って楽しむだけなのですから,好きなように,好きなときに,好きなだけやればいいのです。

 第二章の二「よい先生の選び方」でお話したことは,そっくりそのまま篆刻にも当てはまります。
書の先生と名のつく人はどこにでもいますが,篆刻の先生は少ないので選択の幅は当然狭くなります。
ようやく篆刻の先生を探し当てて入門したら,その先生の特異な刻風を押しつけられてしまった,というのでは何にもなりませんから,適当な先生がいなければ独学をお勧めします。
かくいう私も独学です。

 書店に行けば初心者向けの篆刻の解説書はたくさん出版されているし,書道の専門店に行けば用具や用材も容易に手に入ります。
値段はピンキリですから,自分の懐具合に合わせて買えばよろしい。
勉強の場としても,篆刻部門をもった競書雑誌もありますし,多少費用はかかりますがNHK学園などの通信教育を受けるという手もあります。
 独学で篆刻を学ぶときの難点は,印刀で石の印材を刻っていくときの調子が分かりにくいことでしょう。
しかし,筆の使い方と同じで,印刀をこういう角度で印面に当ててこう押さえてこう切っていけばこういう感じの線になる,ということは自分で工夫しながら体得していくほかはありません。
どうしても有名な篆刻家の刻るところを見たければ,そうしたビデオなども売られています。

〇私の篆刻事始め

 私は中学生の頃から篆刻に関心を持っていました。
 書作品に押す真紅の印。印がなければ書作品とはいえない。何とかしてあれが欲しい。
でもどうやって作ればいいのか皆目分からない。そんなあこがれともどかしさに悩まされていました。
その頃購読していた今井凌雪の『雪心』の表紙の見返しに篆刻の部があり,梅舒適などの作品が掲載されているのをいつもまぶしく眺めていたものです。
自分もいつか篆刻というものをやってみたいものだと思っていましたが,田舎のこととて手引書もないし,用具もどこで手に入れればいいのかわからないし,手のつけようがなかったのです。

 高校生になって電車通学をするようになり行動範囲も広がって,書道用品の専門店を見つけました。
さっそく印材や印刀,印泥など一番安いものをひととおり買い込んで手探りで篆刻を始めました。
ぼろぼろ欠ける粗悪な印材に字入れをして,夢中で印刀をこじりました。最初は刃先が怖く,左手でぎっちりと印材を握り締めていたため親指の皮が印材の角に当たって赤くすりむけ,そこに絆創膏を巻いて刻り続けたものです。

 どうにかこうにか刻り上がったものの,今度は押す段になって粗悪な印泥の練りが固くて,何度押してもむらになってうまく押せず,泣きたいような思いでした。
 『雪心』の記事から,印矩というL字型の定規で二度押しする方法があることを知り,早速くだんの書道用品店に行って尋ねたところ,お店のおばさんが出してきたのは何とペンにつけるインクでした。
そうじゃなくてと説明するとようやく出てきたのですが,プラスチック製なのに意外に高価で,結局当時の私の小遣いでは買えませんでした。
 こうして篆刻を始め,幾つか摹刻をしたり自用印を刻ったりしていましたが,篆刻の制作手続きの面倒さのために,その後はついつい篆刻から遠ざかりがちで一向に上達しないままでした。

〇摹刻百顆

 そしてあるとき,全く何の気なしにふと篆刻をしてみようと思い立ったのが,三十五歳の時でした。篆刻を始めてから実に二十年の歳月が無為に流れています。
 それまでの書の経験から,競書をペースメーカーにするのがよいだろうと考え,当時購読していた小坂奇石の『書源』の篆刻の部に出品することにしました。
その時の篆刻の担当は佐々木鐵仙という大阪の先生でした。

 出品し始めて何度目かの時のこと,佐々木先生から手紙が届きました。
 何だろうと思って開封してみると,私の送った印影にメモ書きで,
「あなたから届いた篆刻の作品をうっかりして競書誌に載せそこなってしまった。申し訳ないので寸評を添えてお返しする。」
という内容でした。

 お忙しい先生だろうに,たかが一出品者のためにわざわざ返送してくれるなんてと私は感激し,佐々木先生の励ましに報いなければと,改めて真面目に篆刻の勉強をすることにしました。
「摹刻百顆,自用印百顆,それからはじめて他人の印を刻れ。」
という格言に従って,当面これを目標とすることとしました。

当時の私の置かれた状況からして,せいぜい月に摹刻二顆,創作二顆というのが限度でした。
月にわずか四顆など,目標というのもおこがましい笑止の数ですが,仕事と子育てに追われていた当時の私にとっては,そのあたりが限界だったのです。
 摹刻の対象は特に決めずに,その都度自分の気に入ったものを模することにしました。
よい印が精選されていて印刷も明瞭なので,牛窪梧十『篆刻に親しむ本』(昭和六二年,二玄社)をテキストに選び,ここから自分の好きな印を探しては摹刻しました。

 初めに摹刻したのは,御多分に漏れず,日本のものでは河合せん廬,中国のものでは趙之謙,呉昌碩(上図),鄧散木などです。
斉白石については二玄社の『書道講座 篆刻編』に小林斗庵が
「奔放野逸を志したようだが,書は放恣,画は骨格を欠く。わずかに単入刀法の直線的な篆刻にその特徴を示すが,格調は低い。」
と書いているように,日本ではけなす人の方が多いらしいというのは知っていましたが,どうしても見過ごすことのできない感覚的な新しさとシャープな刻線に魅せられてずいぶん模しました。

その他,現代の人では,駱ホウホウ。この人は一九五八年北京生まれの女流篆刻家です。造型の自由さ,空間の取り方の意外さ,点画の渾樸さ,そして抜群のセンスのよさに驚き,いくつか摹刻しました。
これらを一通り模したところで摹刻が百顆に到達しました。目標を立ててからちょうど四年が過ぎていました。

〇摹刻こそ上達の近道

 こうした経験から申し上げるのですが,篆刻を学ぶ上では摹刻が最も効果的です。
 摹刻は,書の臨書と同じです。自分の好きな印,こんな印が刻れたらいいなと思う印を対象に選び,それと寸分たがわぬ複製品を作るつもりで刻るのです。

 摹刻は,実に根気のいる作業です。
まず原印と同じ大きさの印材を用意し,印面を整えて字入れを始めます。
左右反対の鏡文字で書き入れるわけですが,慣れないとこれがなかなか難しいのです。
初めのうちは,右と左がこんがらかってしまい,何度も何度も鏡で確認しながら修正を加えていきます。
原印の欠けなどもそっくりそのまま写しとります。
印それ自体がせいぜい数センチ四方の小さいものですから,一ミリの数分の一,いや数十分の一を見極める観察眼が要求されます。
そうした細部に至るまで精密に観察して忠実に再現しようとするわけですから,長時間神経を集中させていなければならないし,印面と印影が左右反対になるということを常に意識していなければならないし,最初はとても苦しい作業です。
しかしそれだけに上達も早いのです。

 摹刻の対象には,初めのうちは二~四文字の字数の少ない印を選びます。
最初から多字数の印を選ぶと布字の途中で根気が尽きてしまうからです。
そして墨と朱墨で修正を加えながら,先人の苦心の跡や工夫の跡をじっくりと観察します。
特に大事なのは,点画の欠かせ方や腐食味の表現,それに枠の作り方です。
古今の名印は決していい加減にサビをつけたり欠かせたりしているわけではありません。
こうした微細な点を観察するところに摹刻をする意味があるのです。
摹刻が単なるノルマ消化のための作業になったり,摹刻のための摹刻になってしまっては何にもなりません。

 摹刻をすることによる最大の効果は,観賞眼が飛躍的に向上することです。
私の場合も,それまではこんな蜘蛛の巣が張ったような印のどこがよいのか皆目分からなかった山田正平(上図)の印が,十,二十と摹刻を重ねるうちに突如として魅力的な存在に変貌しました。
その時の感激といったら,いったい今まで自分は正平のどこを見ていたのか,どうしてこれほどの素晴らしさが分からなかったのか,我ながら不思議に思うほどでした。

 また,黄易や銭松など浙派の印は,最初は何だか古臭くいかめしいような感じがして敬遠していたのですが,いくつか摹刻をしてみると決してそんなものではなく,厳しさと力強さの中に一種の洒落っ気のある大人の味わいを持った印であることに気づきました。
 なお,摹刻はどうしても細かい作業になるので,肉体的な条件からいうとできれば老眼になる前に習慣づけしておいたほうが後で楽です。

〇鈐印の手順鈐印の用具

 印の刻り方は篆刻の専門書を参照していただくとして,ここでは印の押し方についてだけお話をしておきたいと思います。
たとえ自分で印を刻らなくとも,押すことだけは自分の手でしなければならないからです。

 もっとも聞くところによると,書道塾によっては弟子の印を先生が管理していて,印の位置を決めるのも押すのも先生におまかせというところもあるそうですが,それではいけません。
自分の作品には自分が責任を持って自分の印を押すべきです。
せっかく書き上げた清書に自分で印を押して失敗したら大変,先生に押してもらえば安心だなどと考えている人はそもそも印を押そうなどとは思わないことです。

 さて,印を押すことを鈐印(けんいん)と言います。
書き上げた作品を前にして,どの大きさのどんな感じの印をどの位置に押すかを決めなければなりません。
初めはなかなか要領がつかめないものですが,これも一種の慣れです。
ふだんから印を押すように心掛け,競書の半紙一枚であっても必ず印を押す習慣をつけるようにすると,印の選択や位置どりもだんだん分かってくるようになります。
そのうちに,作品を書き上げた後で,さて,印をどこに押そうかと考え始めるのではなく,落款を書いている最中に印の大きさと位置がイメージできるようになればしめたものです。
 以下に鈐印の手順を示します。

印を押して印の大きさに切り取った紙を用意しておき,作品の上であちこち動かしながら,印の位置を決めます。
印を押す場所の紙の下に印褥(いんじょく。印を押す下敷の台。厚いガラス板がよい。黒檀や紫檀の木枠に革を張ったものが市販されているが,これは線がやや甘くなる)を敷きます。
印を押す部分にごみや塵などがあれば取り除きます。
紙がけばだっているようであれば,爪やつるつるした石などでこすって平滑にします。
印面を布できれいにぬぐいます。
同じ印で続けて押すときも一回ごとに印面をぬぐいます。書も篆刻もミクロの芸術であることを忘れずに。
印に印泥をつけます。
叩くようにとか,かすめるようにとかいろいろ言われますが,要は印の点画の切れ味を殺がないように,多すぎず,少なすぎず適量をつけます。
印を押す位置に合わせて印矩をあてます。
印矩は左手でしっかり押さえ,絶対に動かさないようにします。
どうしても手を離さなければならないときは,印矩の上にそっと文鎮を乗せると位置がずれません。
印矩の角に沿って印を置き,上からまんべんなく平均に押しつけます。
この時の力の入れ加減は,自分で体得するしかありません。
印を離してみて,印影にかすれた所があればその部分に再び印泥をつけて二度押しします。
ただし,二度押し,三度押しをするとどうしても印泥がにじり出て線が甘くなるので,できるだけ一度押しで済ませるようにします。
印が押された部分に上から紙をあてて,軽く爪などで押さえ,余分な印泥を取り除いて完了。


〇印泥の工夫

 鈐印がうまくいくかどうかは,印泥の良否に負う部分が大きいと思います。
私は以前,上海西冷印社の箭鏃を使っていたのですが,古くなってくるとどうしても固くなってしまうようです。
現在は同社の特制珍品朱砂印泥を使っており,こちらは逆に少し柔らかすぎですが,冬などは適度に固くなってとても具合のよいものです。
ちなみに価格を見ると,箭鏃は一両装(30グラム)で定価が四千円,特制珍品の方は一万五千円と四倍近い差があります。なお,実際の販売価格は定価の七掛けぐらいでしょうか。

 印泥の取扱上の注意としては,朱と油とが分離しないように時々へらでよく練り上げておく必要があります。
また気温によって柔らかさが変わるので,夏は涼しいところに置いたり,冬は使う前にこたつの中に入れて柔らかくしたり,いろいろ工夫しながら使います。

〇どんどん刻して人にあげよう

 さて,摹刻と自用印をそれぞれ百顆も刻するころには,印刀さばきも堂に入ってきて,いっぱしの篆刻家気取りになります。
本当はまだまだ序の口なのですが,心持ちとしてはそれくらいの自信を持っていたほうがよろしい。
 そして次の段階としてはとにかく数を刻して,刻技に熟練することです。
そのために,他の人の姓名印や雅号印を刻してどんどんプレゼントしましょう。

書をやっている人にはもちろん,書には縁のなさそうな人にも機会を見つけて贈呈するのです。
現代日本のはんこのほとんどは円形で水牛やつげなどの材を用いた朱文印なので,方形の石印は珍しがられ,驚かれ,喜ばれること請け合いです。
最初は気恥ずかしいものですが,篆刻の恥は刻り捨てぐらいの思い切った気持ちでやりましょう。
他人の印を刻るというプレッシャーを自分から背負うことによって自分を追い詰め,自分自身の上達の機会を作ることが目的です。

 それにしても,巴林石などの印材が大量にしかも安価に輸入されるようになったのは嬉しい限りです。
プレゼントするのに体裁のよい,印箱に入った五分角の印材で五百円ぐらいでしょうか。
内蒙古の山の中から採掘され,印材に適した部分だけが選別されて削り磨かれ,はるばる日本に渡ってくるのです。
その労力と手間と運賃を考えたら,ただみたいな値段です。

 最後に余談をひとつ。
昔,私の子供が小学校に上がるか上がらないかの頃,面白半分に簡単な文字を布字して印を刻らせたところ,大いに興味を示したのはいいのですが,味をしめて次々とせがまれたのには弱りました。
あまつさえ,ちょっと目を離したすきに,端渓の硯面に印刀を突き立てられたのには真っ青になりました。
どうぞくれぐれも,子供の刃物にはご用心を。