【書を楽しむ】
「落款を楽しむ」を連載しています。毎週月曜日更新。


夏日長

「夏日長」薫風自南来。茅屋生微涼。戊戌八月。祥石。
夏日長し。薫風南より来りて、茅屋微涼を生ず。戊戌八月。
猛暑のさ中にあっても、時にさわやかな風が吹くと少しばかり涼しくなります。
唐の文宗皇帝の「人皆苦炎熱、我愛夏日長」に続けた柳公権の原文は「薫風自南来、殿閣生微涼」ですが、
我が家に言い換えて「茅屋」としました。



【水墨画を楽しむ】
水墨画の習作です。

玄奥

玄奥



【篆刻を楽しむ】
篆刻千字文を連載しています。

龍師火帝
【拡大】


【原寸:8分角(2.4センチ)】

龍師火帝(リュウシカテイ)
 太古には官に龍の名をつけた伏羲氏や、火帝(炎帝)と呼ばれた神農氏がいた。




【人書倶老】
随想です。毎月1日に掲載します。

11 現代性

私が水墨画を習っている酒井清一(翠酒湖)先生がよくおっしゃるのが「現代性」の大切さです。
伝統芸術である水墨画は、筆墨硯紙などの基本的な用具は昔からあるものだし、主要な技法も優れた先人たちによってすでに完成されています。
我々がどんなに頑張ったところで過去の名作を超えることなどまず不可能に思えます。
にもかかわらず我々が水墨画をやる意味はどこにあるのか。
それは自分の作に「現代性」を盛り込めるかどうかだというのです。

書道についても同じで、三千年を超える長い歴史の中で書としてのあらゆる表現は出尽くしてしまっているように見えます。
そうした中で何か新しいものを付け加えることができるのか。
書道の場合は、古典の臨書と先生の手本を学ぶことを通じた技法の習得が重視されるので、なかなか現代性というところにまでは思い至りません。
模倣を超えて、現代の息吹きを吹き込むことが求められています。

篆刻の場合は制約が多く、せいぜい数センチ四方の印面に篆書を反転させて布字し、印刀で刻し鈐印(けんいん)するというプロセスがあります。
その中でどのように現代性を出していくのか。
厳しく様式を追求するにしても型にはまり過ぎては面白くないし、かといって現代中国の篆刻のようにあまりに放恣に過ぎるのもどうかと思います。
結局は過去の歴史を踏まえ、現代人の作例を参考にしながら自分で考えていくほかはありません。

難しい課題ではありますが、せっかく水墨画や書道、篆刻をやっている以上、現代性を盛り込むことには挑戦し続けたいと思います。
試行錯誤に明け暮れる毎日です。

(2018年8月1日)




 【ごあいさつ】
この「書を楽しむ法」は2000年10月1日に開設したものです。
最初は書道に関する評論を連載していましたが、現在は自作の書、水墨画、篆刻を掲載しております。
つたないものですが、ご興味のある方々に多少なりともお楽しみいただければ幸いです。
ご意見、ご感想、ご質問等がありましたら,どうぞお気軽にお寄せください。
 メールは下のポストをクリックするか y-tagi@nifty.com までどうぞ。

    読者の声

書研究家  多木 洋一 (たぎ よういち)