【書を楽しむ】
「落款を楽しむ」を連載しています。毎週月曜日更新。


穀雨

「穀雨」
慈雨生百穀。穀字見漢張遷碑篆額。祥石題。
穀雨。慈雨百穀を生ず。穀字は漢張遷碑の篆額に見ゆ。祥石題。
4月20日は二十四節気のひとつ穀雨です。恵みの雨がたくさんの穀物を生じさせます。
「穀」字は漢の張遷碑の篆額から採りました。



【水墨画を楽しむ】
水墨画の習作です。

惜春

惜春



【篆刻を楽しむ】
篆刻千字文を連載しています。

日月盈昃
【拡大】


【原寸:8分角(2.4センチ)】

日月盈昃(ジツゲツエイショク)
太陽や月は満ちたり欠けたりする。




【人書倶老】
随想です。毎月1日に掲載します。

 7 ペースメーカー

人間、何もしないでいると無為に時を過ごしてしまいます。
書道の勉強も同じで、何らかのペースメーカーがあると怠けないで続けることができます。

私の経験から言うと、初歩の段階で競書雑誌はペースメーカーとして役に立ちます。
毎月定期的に課題を仕上げることになっているので、書く気にさせられます。
たまに段級が上がると上達した気になって励みにもなります。
私は今井凌雪の「雪心」「新書鑑」と小坂奇石の「書源」にはずいぶんお世話になりました。
ペースメーカーとしてだけでなくこれらの競書誌からは多くのことを学びました。

書道教室やカルチャーセンターに通うのもペースメーカーになります。
気が進まない時でも、月謝を払っていると思えば強制力が働きます
私が今日まで長く書道を趣味としてこられたのも、子供の頃、嫌々ながらも親にせかされて習字教室に通ったおかげです。

展覧会は作品制作のペースメーカーになります。
私自身はいわゆる公募展は性に合わないのでやらないのですが、私が昨年入会した篆刻愛好会「游刻会」ではグループ展を年に2回行っています。
メンバーは8人で会場の壁面に合わせて出品点数が割り当てられます。
自分のスペースを空白にするわけにはいかないので、期日をにらみながら制作して展示することになります。
また酒井清一(翠酒湖)先生に習っている水墨画教室でも年1回、門下の合同展覧会が開かれ、生徒の勉強の成果を発表する場となっています。
ちょうど今、2018年4月1日から7日まで、茨城県東海村のJR東海駅ステーションギャラリーで開催されています。
定期的に自分の作品を仕上げるのは、自分自身を省みる上でも大切なことで、展覧会はそのためのペースメーカーになってくれています。

中学生のころに河合栄治郎の「学生に与う」という本を読んだことがあります。
その中に自律と他律について説いたくだりがあり、他律の良さを知ったときそれはすでに他律ではなく自律であるという言葉がありました。
書におけるペースメーカーもそんな意味合いを持つのだろうと思います。
時あたかも4月。新年度に当たって改めて自分を奮い立たせようと思います。

(2018年4月1日)




 【ごあいさつ】
この「書を楽しむ法」は2000年10月1日に開設したものです。
最初は書道に関する評論を連載していましたが、現在は自作の書、水墨画、篆刻を掲載しております。
つたないものですが、ご興味のある方々に多少なりともお楽しみいただければ幸いです。
ご意見、ご感想、ご質問等がありましたら,どうぞお気軽にお寄せください。
 メールは下のポストをクリックするか y-tagi@nifty.com までどうぞ。

    読者の声

書研究家  多木 洋一 (たぎ よういち)