【書を楽しむ】



葛の花 踏みしだかれて、色あたらし。この山道を行きし人あり 釈迢空



葛の花 踏みしだかれて、色あたらし。この山道を行きし人あり
釈迢空






【水墨画を楽しむ】

雀


松花堂昭乗の雀の絵を学びました。




【篆刻を楽しむ】

【篆刻千字文】第74回(全250回)


慎終宜令
【拡大】


【原寸:2.5センチ角】

慎終宜令(シンシュウギレイ)
 おわりをつつしめばよろしくよかるべし。
終わりを慎んでこそすべてがよくなる。




【人書倶老】
書画篆刻についての随想です。


9 書と水墨画の筆

私は子供の頃から書に親しんでいますが、数年前から水墨画を習い始めて感じたことがあります。
それは書と水墨画とでは、用いる用具は同じようでも、その意味合いや使い方がかなり違うということです。
文房四宝と呼ばれる筆墨硯紙のうち、まず筆について。

書でも水墨画でも毛筆を使いますが、違うのはその洗い方です。
書の場合、筆には一定の濃さの墨を含ませて字を書き、筆を洗うのは書き終わった後だけです。
また本当はよくないのですが筆立てに差しっぱなしにすることも多く、ややもすると手入れがおろそかになって、筆の根元が墨で固まってしまったりします。

これに対して、水墨画では墨の濃淡を調節しながら描き進めるので、描いている途中で頻繁に筆を洗います。
使い終わった後もざぶざぶと洗って墨を落とし、布でふき取って乾燥させます。
私は水墨画を習い始めたころ、水墨画に用いられる筆が常に根元まで水に浸されるのを見て、何と過酷な条件のもとで使われているのだろうかと気の毒に思ったほどです。
こうした洗い方をするので、水墨画の筆の根元が墨で固まることはありません。ただし乾燥が不十分だと根元から腐敗臭がしてきたり毛が抜けたりします。

次に筆の種類の違いです。
書道用の筆には、大きさも形も毛の種類も様々なものがあります。
筆の大きさによって大筆、中筆、小筆の区別があり、穂先の長さによって長鋒、中鋒、短鋒の違いがあります。
毛の種類としては羊毛とイタチが一般的ですが、私は特殊な毛の筆が好きで、馬、山馬、ムジナ、ムササビ、リス、マングース、イノシシ、タヌキ、水牛の耳の毛、鶏、クジャク、藁、竹など色々な毛質の筆を使ってきました。

一方、水墨画用の筆としては「長流」という名称の附立筆が一般的です。
附立筆は墨含みがよく濃淡表現に向いており、鋒先がきくので細い線も自在に描くことができます。
水墨画ではこのほか刷毛や連筆なども使われますが、だんだん慣れてくると長流や刷毛だけでは物足りなくなって、異なった毛質の筆も使いたくなってきます。

幸い、上に述べたように書道用のいろいろな筆があるので、今後はこれらを水墨画にも活用していきたいと思っています。
筆の特性の違いによってどんな表現ができるか楽しみです。

(2019年9月)
 
毛筆各種。手前2本が水墨画用筆の「長流」。




 【ごあいさつ】
この「書を楽しむ法」は2000年10月1日に開設したものです。
最初は書道に関する評論を連載していましたが、現在は自作の書、水墨画、篆刻を掲載しております。
つたないものですが、ご興味のある方々に多少なりともお楽しみいただければ幸いです。
ご意見、ご感想、ご質問等がありましたら,どうぞお気軽にお寄せください。
 メールは下のポストをクリックするか y-tagi@nifty.com までどうぞ。

    読者の声

書研究家  多木 洋一 (たぎ よういち)