【書を楽しむ】
「落款を楽しむ」を連載しています。毎週月曜日更新。


富麗

「富麗」秋十月。菊花馥郁。乗興作此。祥石。
富麗。秋十月。菊花馥郁たり。興に乗りてこれを作る。
各地で菊花展が開かれています。馥郁と香る見事な菊花に触発されて「富麗」と書きました。




【水墨画を楽しむ】
水墨画の習作です。

奔流

奔流




【篆刻を楽しむ】
篆刻千字文を連載しています。

坐朝問道
【拡大】


【原寸:8分角(2.4センチ)】

坐朝問道(ザチョウモンドウ)
 朝廷に座して治道を問う。




【人書倶老】
随想です。毎月1日に掲載します。

13 紙を寝かせる

紙は長期間保存しておくと水分が抜けて書きやすくなります。
これを「紙を寝かせる」とか「紙を枯らす」などといいます。

私の家にある紙で一番古いのが学生時代に買った紙で、たぶん1978年ぐらいだと思いますからもう40年経ちます。
「連城書写紙」という名称の中国産の玉版箋の全紙で、学生の小遣いでも買える程度の安物でした。
買った当時はつるつるして書きにくかったのですが、40年経った今ではしっとりとして書きやすく、実に柔らかなにじみが出るようになりました。
特に感心しているのは長期間の保存にもかかわらず、斑点が出ないことで、今でも白い光沢を保っています。

和画仙では「櫻花」という名称の半切が一番古く、これには1988年7月購入、15,750円とメモがありますから30年前になります。
こちらも実に枯れた感じで書きよいのですが、残念ながらぽつぽつと薄茶色の斑点が浮き出てしまっています。
これらの紙はいずれも風通しのよい場所に保存しているので、斑点の有無は日本と中国とで使う原料や薬剤が違うためかと思います。

高価な紙はなかなか買えませんが、折に触れて紙を購入しストックしておいて、10年、20年と経った時に使うというのはまた格別の味わいがあるものです。

(2018年10月1日)




 【ごあいさつ】
この「書を楽しむ法」は2000年10月1日に開設したものです。
最初は書道に関する評論を連載していましたが、現在は自作の書、水墨画、篆刻を掲載しております。
つたないものですが、ご興味のある方々に多少なりともお楽しみいただければ幸いです。
ご意見、ご感想、ご質問等がありましたら,どうぞお気軽にお寄せください。
 メールは下のポストをクリックするか y-tagi@nifty.com までどうぞ。

    読者の声

書研究家  多木 洋一 (たぎ よういち)