【書を楽しむ】

【落款を楽しむ】

風景麗


「風景麗」偕楽公園梅花春。戯以漢簡書法、作此。祥石。
風景麗し。偕楽公園梅花の春。戯れに漢簡の書法をもってこれを作る。
水戸の偕楽園では2月16日から3月31日まで梅まつりが開催されています。皆様どうぞお越しください。


【筆文字ロゴ】

友引


六曜は14世紀頃、中国から日本に伝わったとされます。
現在では、その日の吉凶をあらわすものとして、冠婚葬祭の日取りなどの判断材料に用いられることもあります。
You can find six labels in Japanese calendar. It is Rokuyo. Rokuyo is a six-day calendar system which shows whether a day is lucky or not.

「友引」
祝い事には吉。葬礼を出すといっしょに誰かが死の世界に引かれるといわれ、葬儀は行われない日です。
№2 Tomo-biki : It means "pulls-friends". Good for festivities. No funerals are held on this day because people believe that the dead person will take his or her friends towards the death.



白い村(スペイン、ミハス)




【水墨画を楽しむ】

雪原の月

雪原の月




【篆刻を楽しむ】

【篆刻千字文】第44回(全250回)


得能莫忘
【拡大】


【原寸:8分角(2.4センチ)】

得能莫忘(トクノウバクボウ)
 大切なことを学んだら忘れてはならない。


【成語印】


和神養素
【拡大】


【原寸:3センチ角】

和神養素
わしんようそ。神をやわらげ、素をやしなう。
 精神を和らげ、飾らない性質を養う。東晋・王羲之




【人書倶老】
書画篆刻についての随想です。


2 顔真卿展

東京国立博物館で開催されている顔真卿展を観てきました。
目玉は台北の故宮博物院から初来日した顔真卿の祭姪文稿ですが、それ以外にも多くの名跡が展示されており充実した展覧会でした。
いつも思うことですが、書の鑑賞には印刷物になると消えてしまう墨色の微妙な濃淡や筆のごくわずかな動きなどがとても大切です。まさに神は細部に宿る。拓本にしても原拓の古色蒼然とした色合いは現物でないと味わえないものです。
なお、こうした展覧会は朝一番で行くのがお勧めです。今回は事前にチケットを買っておいて、朝9時30分の開門と同時に入場したので、混み始める前にじっくりと鑑賞できました。

以下は個人的なメモです。お読みいただくほどのものではありません。
▼開通褒斜道刻石(後漢)。全拓はさすがに迫力がある。古隷の力強さと剥落した風化の美が迫ってくる。▼真草千字文(智永)。紙は黄ばんでいるが墨は黒々としている。漆黒の文字が浮かび上がってくる感じ。つくづく墨の力というものはすごいと思う。▼九成宮醴泉銘(欧陽詢)。海内第一本ほか拓本数種。子供のころから親しんできた古典だが、こうして見るとやはり原拓の古色は味わいが深い。▼行雁塔聖教序(褚遂良)。序と序記の全拓を両方並べてくれているので全体像が把握できる。序は厳しく引き締まった感じ、序記は文字が大きく間隔も空いていてやや緩んだ感じがするのは従来の印象通り。▼妹至帖(王羲之)。最近改めて王羲之に親しんでいることもあって、妹至帖の現物に出会えたことに感激。▼記泰山銘(玄宗)。巨大な拓本。ここだけ写真撮影オーケーとのことで、たまたま近くにおいでになった方からスマホ撮影を頼まれる。たぶん書家のK先生だと思う。▼草書孝経巻(賀知章)。筆の動きがダイナミックですごい。にじまない紙に薄目の墨で書かれているので筆尖の動きがよく分かる。▼麓山寺碑(李邕)。骨格の強さが際立っている。この骨格の強さは自分の字には欠けているものなので改めて習ってみようかと思う。▼祭姪文稿(顔真卿)。今展の目玉。朝早く行ったのでそれほど混雑しておらず、行列に二度並び直してじっくり鑑賞。現物ならではの迫力に圧倒される。最終行の波乱の姿は悲憤の心情の吐露か。全体として見ると塗抹の跡が効果的なアクセントになっている。▼自叙帖(懐素)。全巻が展べられているのを見るのは初めて。これだけの長巻にもかかわらず筆をはずしたり緩んだりしたところが全くない。この緊張感を持続させるスタミナとエネルギーに感嘆する。最終部分での爆発的な展開はもはや人間業とも思えない凄さ。▼千金帖(懐素)。一転して枯淡の境地。この表現の幅の広さよ。書人かくありたし。▼崔子玉座右銘(空海)。中学生の頃この字にあこがれてずいぶん真似をしたものだ。顔真卿の影響を受けているとはいえやはり日本的な受容の姿である。▼李嶠雑詠断簡(嵯峨天皇)。筆画に力があり文字の構えに風格がある。中国の書に引けを取らない。▼伊都内親王願文(橘逸勢)。すでに日本的な崩れを見せる。内親王の赤い手形がそこかしこに押してある。▼道風、佐理、行成。日本人としていろいろな意味で身につまされる書。▼伏波神祠詩巻(黄庭堅)。濃墨だが決して重くない。底知れぬ深さを感じさせる。このスケールの大きさには到底及びもつかない。▼草書四帖(米芾)。黄庭堅の隣で個性の違いが際立つ。虹県詩巻も見たかったが会期後半の展示とのことで今回は出会えず。▼明清名家。それぞれに独自の風格を出している。趙之謙三十歳の若書き「不俗即仙骨、多情乃仏心」が良い。

(2019年2月)
 




 【ごあいさつ】
この「書を楽しむ法」は2000年10月1日に開設したものです。
最初は書道に関する評論を連載していましたが、現在は自作の書、水墨画、篆刻を掲載しております。
つたないものですが、ご興味のある方々に多少なりともお楽しみいただければ幸いです。
ご意見、ご感想、ご質問等がありましたら,どうぞお気軽にお寄せください。
 メールは下のポストをクリックするか y-tagi@nifty.com までどうぞ。

    読者の声

書研究家  多木 洋一 (たぎ よういち)