【御礼】
游刻会作品展にご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。
お蔭様で多くの方々にご観覧いただき、交流を深めることができました。


【書を楽しむ】

「落款を楽しむ」を連載しています。毎週月曜日更新。


澄心

「澄心」秋霜満庭。静寂清澄。作此自娯。祥石。
澄心。秋霜庭に満つ。静寂清澄。これを作りて自ら娯しむ。
秋の霜が庭いっぱいに降りています。静寂清澄の雰囲気を楽しみながら「澄心」と書きました。




【水墨画を楽しむ】
水墨画の習作です。

武陵源

武陵源




【篆刻を楽しむ】
篆刻千字文を連載しています。

臣伏戎羌
【拡大】


【原寸:8分角(2.4センチ)】

臣伏戎羌(シンプクジュウキョウ)
  名君は蛮族を服従させ徳を天下に知らしめる。


【成語印】

松菊猶存
【拡大】


【原寸:3センチ角】

松菊猶存
役人を辞して故郷に帰ってみると、荒れ果てた庭の中にも、緑変わらぬ松と清らかな香りの菊はまだ残っている。
陶淵明「帰去来辞」の句。




【人書倶老】
随想です。毎月1日に掲載します。

14 スペイン

スペインに旅行してきました。長い歴史を持つ国で、芸術文化の面でも多くの見どころがあります。今回の旅行で印象に残ったのは以下の3点です。

(1)伝統的な芸術の高み
建築では各都市にあるキリスト教の大聖堂や旧市街の街並み、絵画ではプラド美術館のエル・グレコ、ベラスケス、ゴヤなどの傑作に目を奪われます。伝統を受け継ぎ、技術を磨き、才能を開花させた天才たちの作品は、現在に至るまで人々を魅了してやみません。これほどの高みに達するのは、芸術に志す者の憧れと言ってよいでしょう。

(2)革新を受け入れる懐の深さ
伝統を尊重する一方で、劇的な革新を遂げてみせるのもスペインの魅力です。建築ではバルセロナにあるガウディのサグラダ・ファミリア大聖堂、絵画ではピカソ、ミロ、ダリなどの独創的な作品が我々の既成概念を心地よく打ち砕いてくれます。こうした奇抜さには驚かされますが、それと同時にこれらの才能を産み育てたスペインの懐の深さに感心します。革新はそれを評価する受け手があってこそ革新たりうるのでしょう。

(3)異文化の影響による多様性
スペイン南部はかつてイスラムの支配下にあり、グラナダのアルハンブラ宮殿やコルドバのメスキータ(モスク)はその時代の雰囲気を今に伝えています。当時は異なる民族の間で戦争があり宗教的な軋轢もある苦難の時代でしたが、今こうしてみると異文化によって多様な美がもたらされたことはやはり魅力です。

私が親しんでいる書道、水墨画、篆刻は伝統的な要素が強い芸事ですが、時には思い切った革新も必要であり、さらに他の芸術分野や異文化と触れ合うことの大切さも思い知らされた、今回のスペイン旅行でした。

(2018年11月)
 
今なお建設中のサグラダ・ファミリア大聖堂(2018.10.9 バルセロナ)




 【ごあいさつ】
この「書を楽しむ法」は2000年10月1日に開設したものです。
最初は書道に関する評論を連載していましたが、現在は自作の書、水墨画、篆刻を掲載しております。
つたないものですが、ご興味のある方々に多少なりともお楽しみいただければ幸いです。
ご意見、ご感想、ご質問等がありましたら,どうぞお気軽にお寄せください。
 メールは下のポストをクリックするか y-tagi@nifty.com までどうぞ。

    読者の声

書研究家  多木 洋一 (たぎ よういち)