since 2000
 


【書を楽しむ】

今年のテーマは「花の名」です。


躑躅


20 躑躅
この難しい漢字はつつじです。そのままの音読みは「てきちょく」。
私が躑躅という言葉を知ったのは、三体詩の張籍の詩に「五渡渓頭、躑躅紅なり」とあるのを見たのが最初でした。
現在ではワープロで「つつじ」と打って変換するとふつうに躑躅が出てきます。
拙作は複雑な2文字の密度を高めて書いてみました。




【水墨画を楽しむ】
今年のテーマは「臨画」です。


雪舟


雪舟「墨梅図」の臨画




【篆刻を楽しむ】

【篆刻千字文】第109回(全250回)


圖寫禽獸

【拡大】


【原寸:2.5センチ角】

圖寫禽獸(トシャキンジュウ)
 きんじゅうをとしゃす。
 宮殿や楼閣には鳥や獣の絵が描かれている。





【人書倶老】
書画篆刻についての随想です。


5 コロナ対策

新型コロナウイルスが猖獗を極めています。
私の住む茨城県も感染者が急増し、4月7日には特定警戒都道府県のひとつになってしまいました。
外出自粛が求められる中、自宅でどう過ごすかが大きな課題となっています。

私の場合はもともとインドア派なので、家に閉じこもることに抵抗はありません。
書では、現在連載している「花の名」を気ままに書いてストレスを発散しています。
水墨画は、カルチャー教室が閉鎖されて酒井先生に直接教わることができないので、古典の臨画をしています。古典とは凄いものだと改めて認識し、とても勉強になっています。
篆刻は、千字文250顆のうちようやく100顆を超えたところです。これからまだまだ楽しめそうです。

書道、水墨画、篆刻は、誰とも接触せずに一人でできるし、音を出したりしないので家族の迷惑にはならないし、家で制作している分にはたいしてお金もかかりません。
コロナ対策で自宅に籠る際には、書画篆刻もひとつの選択肢としてお勧めします。

(2020年5月)

 
シチリア島タオルミーナのギリシャ劇場とエトナ山




 【ごあいさつ】
この「書を楽しむ法」は2000年10月1日に開設したものです。
最初は書道に関する評論を連載していましたが、現在は自作の書、水墨画、篆刻を掲載しております。
つたないものですが、ご興味のある方々に多少なりともお楽しみいただければ幸いです。
ご意見、ご感想、ご質問等がありましたら,どうぞお気軽にお寄せください。
 メールは下のポストをクリックするか y-tagi@nifty.com までどうぞ。

    読者の声

書研究家  多木 洋一 (たぎ よういち)