【書を楽しむ】

錦秋

「錦秋」常陸大子永源寺。楓林絶佳。戊戌年秋。祥石。
錦秋。常陸大子の永源寺。楓林絶佳なり。戊戌年の秋。
茨城県大子町は先月の台風19号で大きな被害を受けました。
そうした中でも、もみじ寺として有名な永源寺の紅葉が見ごろを迎えています。




【水墨画を楽しむ】

瀑布


瀑布




【篆刻を楽しむ】

【篆刻千字文】第83回(全250回)


上和下睦
【拡大】


【原寸:2.5センチ角】

上和下睦(ショウワカボク)
 かみやわらぎしもむつまじ。
 上の者が温和であれば下の者も睦まじくなる。




【成語印】

静観
【拡大】


【原寸:3センチ角】


静観
静かに見守ること。事物の奥に隠された本質的なものを見極めること。





【人書倶老】
書画篆刻についての随想です。


11 書と水墨画の墨

私は子供の頃から書に親しんでいますが、数年前から水墨画を習い始めて感じたことがあります。
それは書と水墨画とでは、用いる用具は同じようでも、その意味合いや使い方がかなり違うということです。
文房四宝と呼ばれる筆墨硯紙のうち、今回は墨について。

まず、墨を磨るか磨らないかの違いです。
私は現在、書作のために固形墨を磨ることはほとんどありません。
かつては墨色が大切なものだと信じて磨墨していましたが、大きな字を書く場合に必要な大量の墨を磨るのには時間がかかりすぎることや、そうかといって墨磨り機にはどうもなじめなかったこと、そしてそもそも書にとって墨色は本質的な問題ではないと考えるようになってから、もっぱら液体墨を用いています。

一方、水墨画では必ず固形墨を硯で磨ります。
水墨画では農墨から淡墨まで無限の諧調を追求しますから、硯で磨ったばかりの新鮮な墨汁でないときれいな墨色が出せないのです。
水墨画ではいったん濃く磨った墨液を薄めて使うので墨汁の量は少なくて済みます。
また、水墨画で用いる墨は松煙墨で柔らかく、硯面に当てると力を入れなくてもするすると気持ちよく下りてくれるので、墨を磨る時間も長くはかかりません。

次に、墨色へのこだわりの違いです。
書の場合は漆黒の墨色であればよく、私はあまり墨色を気にしません。
私もかつてはいろいろな固形墨を試した時期もありました。
高価な油煙墨は墨色の光沢が違いますし、古墨ともなればにじみが二重に出たりして面白いのですが、墨の色にこだわりすぎるのもどうかと思うようになり、現在ではほとんどの場合液体墨を使っています。

これに対して水墨画では墨色に大いにこだわります。
濃墨にしたときに強すぎず、淡墨にしたときに澄んだ透明感が出るような墨が望ましいのです。
水墨画では松煙墨といって、松を燃やした時に採れる煤から作られる墨を使います。
良質な松煙墨が時代を経て膠が枯れるとえも言われぬ古色になり、淡墨にすると青みがかった墨色になるので青墨とも呼ばれます。
本物の松煙墨が古墨となった青墨はなかなか手に入りませんが、市販されている水墨画用の墨の中にも比較的落ち着いた墨色が出るものがあり、私はそうしたものを選んで使っています。

墨の色を味わうには、墨色がよく出る紙に、墨の濃淡を調節した筆で描いてみると分かります。
水墨画教室で初めて墨の濃淡の出し方を教わり、墨がじわじわと広がり紙の奥にまで浸み込んでいく様を目にした時には鳥肌が立ったものです。
墨に五彩あり、と言われますが、水墨画を学ぶようになって初めてその意味が分かってきたような気がしています。

(2019年11月) 
 墨
墨各種。左上は表札など木材への揮毫用。左下は篆刻の布字に使う朱墨。




 【ごあいさつ】
この「書を楽しむ法」は2000年10月1日に開設したものです。
最初は書道に関する評論を連載していましたが、現在は自作の書、水墨画、篆刻を掲載しております。
つたないものですが、ご興味のある方々に多少なりともお楽しみいただければ幸いです。
ご意見、ご感想、ご質問等がありましたら,どうぞお気軽にお寄せください。
 メールは下のポストをクリックするか y-tagi@nifty.com までどうぞ。

    読者の声

書研究家  多木 洋一 (たぎ よういち)