【書を楽しむ】

乱舞

「乱舞」
四月晴嵐。桜花散如雪。戊戌年春。祥石。
乱舞。四月の晴嵐。桜花散じて雪の如し。戊戌年の春。祥石。
盛大に咲き誇り、潔く散るのが桜の花。
「乱舞」と書いて、春の嵐に桜の花びらが散っていくのが雪のようだ、と添えてみました。昨年の作です。




【水墨画を楽しむ】

乱舞

乱舞
風に舞い散る桜の花を描きました。




【篆刻を楽しむ】

【篆刻千字文】第52回(全250回)


剋念作聖
【拡大】


【原寸:2.5センチ角】

剋念作聖(コクネンサクセイ)
 よくおもえばせいとなる。
 よく考える人は聖人となる。




【人書倶老】
書画篆刻についての随想です。


4 漢詩

昔買った進藤虚籟の「書のための漢詩手帖」をあらためて読み返しています。
昭和62年(1987年)に木耳社から出版されたものですから32年前の本です。

著者の進藤虚籟(1926-2006)は眼科医にして漢詩人、さらには由比晋の筆名をもつ歌人でもある多才な人です。
進藤虚籟はかつて競書雑誌「書源」に「漢詩の味」という題で連載していました。私はその練達の文章を読みながら、今や日本人には縁遠くなっている漢詩という形式によくぞ現代の風物や思想、感覚を盛り込めるものだと感心していました。また自作の漢詩に加えて、世相や政治を批判した文章も辛口で小気味よく、毎回楽しませてもらっていました。

漢字書道といえば現在に至るまで題材として漢詩を書くことが当たり前とされていますが、当時の私としては、書の題材は何も李白や杜甫ばかりではあるまい、進藤先生のように現代に即した漢詩を作る方もおられるのだから、ひとつ自分でも漢詩をひねってみたいとの思いもあったのですが、いざこの本を読んでみると平仄やら押韻やらの規則が複雑でまるでパズルを組み立てるように難しく思え、到底これは自分には手に負えないと思い知って断念したほろ苦い思い出があります。

ただ、今回読み返してみて、いわゆる「詩語」には実に雅びなものがあり、それ自体が書作の題材になりそうですし、また落款文にも使えそうなので、これから活用させていただこうと思っています。
 
(2019年4月)
 




 【ごあいさつ】
この「書を楽しむ法」は2000年10月1日に開設したものです。
最初は書道に関する評論を連載していましたが、現在は自作の書、水墨画、篆刻を掲載しております。
つたないものですが、ご興味のある方々に多少なりともお楽しみいただければ幸いです。
ご意見、ご感想、ご質問等がありましたら,どうぞお気軽にお寄せください。
 メールは下のポストをクリックするか y-tagi@nifty.com までどうぞ。

    読者の声

書研究家  多木 洋一 (たぎ よういち)