【書を楽しむ】
今年は落款に凝ってみました。毎週月曜日に更新します。

迎春

「迎春」一陽来復。春色燦然。祥石。
迎春。一陽来復し、春色燦然たり。
冬が去りまた春を迎えました。景色もきらきらと輝いています。



【水墨画を楽しむ】

月夜

月夜

【お知らせ】
私が水墨画を学んでいる酒井清一(翠酒湖)先生の個展が開催されます。
皆様ぜひお越しください。
会場は水戸市のギャラリーしえるです。




【篆刻を楽しむ】

一片氷心

【拡大】


【原寸:2.4センチ角】

一片氷心
王昌齢の詩「芙蓉楼送辛漸」の結句、「一片の氷心、玉壷に在り」から。
河井荃廬の印を参考にしました。




【人書倶老】
書画篆刻についての随想です。毎月1日に掲載します。

4 落款を楽しむ

新年あけましておめでとうございます。
今年も書と水墨画そして篆刻を楽しみたいと思います。

さて、今年の書作のテーマは「落款を楽しむ」にしました。
最近の日本の書作品には落款に自分の名前(雅号)を記しただけのものが多いようですが、中国の人はもちろんのこと、かつての日本の書家も、落款には署名だけでなく、書作の経緯や自分の気持ちなどを書き連ね、その場の状況を説明すると同時に、落款の文字群に作品の構成要素としての役割も持たせています。
私は以前からそうした落款文を書いてみたいと思っていました。 

しかしながら、私の漢文の知識など高校生の時にかじった程度だし、中国語も多少やったとはいえ韻文などは到底作れません。
そこで日本で発行されている落款に関する書籍を探してみました。
「書道全集 別巻Ⅰ 印譜 中国」 1968年、平凡社
「揮毫」 楠瀬日年、1985年、マール社
「落款の書き方」 川邊尚風、1992年、知道出版
「落款のてびき」 細谷恵志、2002年、二玄社
「モノをいう落款」 北川博邦、2008年、二玄社

具体的な落款文の書き方としては「モノをいう落款」が、実例が豊富という点では平凡社の書道全集の印譜編が参考になりました。
平凡社の書道全集印譜編は絶版になって久しく、半ばあきらめていたのですが、水戸市の古書店「とらや書店」で偶然見つけ、わずか800円で入手できました。

これらの書物を参考にしながら、自分なりに作文して落款文を書くことにしました。
もっとも現代の日本で漢文を書き連ねても大多数の人には読んでもらえないと思うので、できるだけ簡単な言葉で落款文らしきものを綴ってみました。

実際に書作するに当たっては、本文と落款文とが調和するように書かなければなりません。
これまた難しいことですが、おかげで楽しく悩みながらこの一年を過ごせそうです。

(2018年1月1日)




 【ごあいさつ】
この「書を楽しむ法」は2000年10月1日に開設したものです。
最初は書道に関する評論を連載していましたが、現在は自作の書、水墨画、篆刻を掲載しております。
つたないものですが、ご興味のある方々に多少なりともお楽しみいただければ幸いです。
ご意見、ご感想、ご質問等がありましたら,どうぞお気軽にお寄せください。
 メールは下のポストをクリックするか y-tagi@nifty.com までどうぞ。

    読者の声

書研究家  多木 洋一 (たぎ よういち)