【書を楽しむ】
「落款を楽しむ」を連載しています。毎週月曜日更新。


凛厳

「凛厳」冬日早起。冷気逼人。端坐作此。祥石。
凛厳。冬日早起。冷気人に逼(せま)る。端坐してこれを作る。
冬の朝に早起きすると寒さが身に沁みます。姿勢を正して「凛厳」と書きました。




【水墨画を楽しむ】
水墨画の習作です。

落日

落日




【篆刻を楽しむ】
篆刻千字文を連載しています。

化被草木
【拡大】


【原寸:8分角(2.4センチ)】

化被草木(カヒソウボク)
 名君の徳化はあまねく草や木にまで及ぶ。


【成語印】

望洋之歎

望洋之歎(ぼうようのたん)
偉人や学問など広大で果てしない対象を前にして、自分自身の度量の狭さや能力の不足を嘆くこと。




【人書倶老】
随想です。毎月初めに掲載します。


12 展覧会

游刻会(ゆうこくかい)の展覧会を開催しました。
游刻会は私が参加している茨城県の篆刻愛好者の会です。
今回は茨城県水戸市にある偕楽園公園センターを借りて開催したところ、6日間で400人以上もの参観者がありました。

来場者の中には案内状を見て来てくれた方もいますが、大多数は紅葉の季節に偕楽園を散歩しながら公園センターに立ち寄った方々です。
篆刻を見るのは初めてという方も多く、「これはどうやって作るのか、材料は何か、機械で刻るのか、どこに良さがあるのか」などと立て続けに質問が来るので、こちらも説明に熱が入ります。
無料の篆刻体験コーナーを設けたところ、14人の方が挑戦され、世界で一つだけのご自分の印を制作していかれました。

今回の展覧会では会員8名で各人5~7点の作品を持ち寄りました。
刻字を得意としていた唐沢さんが亡くなって今回は遺作展となりました。
刻字は存在感が大きいので、今後唐沢さんの刻字が見られなくなるのは残念です。

こうしたグループ展は、個展ほど多数の作品を準備する必要がなく、公募展のような制約もないので、気軽に自由に開催することができます。
不特定多数の方々に観覧いただき、篆刻芸術の普及もでき、自分たちも楽しめる展覧会となりました。
手前みそながら、展覧会としての理想的な形のひとつだと自負しております。

(2018年12月)
 




 【ごあいさつ】
この「書を楽しむ法」は2000年10月1日に開設したものです。
最初は書道に関する評論を連載していましたが、現在は自作の書、水墨画、篆刻を掲載しております。
つたないものですが、ご興味のある方々に多少なりともお楽しみいただければ幸いです。
ご意見、ご感想、ご質問等がありましたら,どうぞお気軽にお寄せください。
 メールは下のポストをクリックするか y-tagi@nifty.com までどうぞ。

    読者の声

書研究家  多木 洋一 (たぎ よういち)