【書を楽しむ】
今年のテーマは「花の名」です。


水仙


3 水仙
ギリシャ神話に出てくる美少年ナルキッソスは、水面に映った自分の姿に恋してそのまま死んでしまいます。
ナルキッソスが死んだあと、水辺に咲いていたとされるのが水仙。
花言葉は「うぬぼれ」「自己愛」ですが、水仙の立ち姿には品の良さと気高さを感じます。
拙作は水を平らに、仙をそびえ立たせるように書いてみました。




【水墨画を楽しむ】


瀑布

瀑布




【篆刻を楽しむ】

【篆刻千字文】第90回(全250回)


同氣連枝
【拡大】


【原寸:2.5センチ角】

同氣連枝(ドウキレンシ)
 きをおなじうしてえだをつらぬ。
 兄弟姉妹は同じ父母の気を受けて、一本の幹から生じた枝のようなものである。





【人書倶老】
書画篆刻についての随想です。


1 花の名

明けましておめでとうございます。
今年の「書を楽しむ」のテーマは「花の名」にしました。
花の種類は無数にあるので題材には事欠きませんが、書作にふさわしいものとなると限られてきます。
まずはめでたく福寿草から。

いつもながら心掛けたことは、即興性と臨場感です。
何枚も書きつぶし、書き直したあげくによい作ができたためしがありません。
ああしよう、こうしよう、これでもかこれでもかという気持ちが先走ると、作為ばかりが目立って、わざとらしい嫌味なものになってしまいます。
頭の中にイメージが浮かんでふと筆を執り、パッと書いてできあがり、そんな形が理想です。
いろいろな花の名前を私の感性で自由に書いていくつもりです。
今年一年よろしくおつきあいください。

(2020年1月)
 
シチリア島パレルモの大聖堂




 【ごあいさつ】
この「書を楽しむ法」は2000年10月1日に開設したものです。
最初は書道に関する評論を連載していましたが、現在は自作の書、水墨画、篆刻を掲載しております。
つたないものですが、ご興味のある方々に多少なりともお楽しみいただければ幸いです。
ご意見、ご感想、ご質問等がありましたら,どうぞお気軽にお寄せください。
 メールは下のポストをクリックするか y-tagi@nifty.com までどうぞ。

    読者の声

書研究家  多木 洋一 (たぎ よういち)