【筆文字ロゴ】
ロゴやタイトルを自分なりの感性で筆文字にしています。毎週月曜日更新。

挑戦


挑戦
都道府県の魅力度ランキングは5年連続最下位ですが、茨城は挑戦を続けます。



プラハの旧市街


【水墨画習作】
水墨画を習って3年目、日々新しい発見の連続です

雪山


雪山



【篆刻】
折々に印を刻して楽しんでいます。


浩之
【拡大】


【原寸:1.8センチ角】

浩之



【人書倶老】
書画篆刻についての随想です。毎月1日に掲載します。

1 誕生日

このホームページを立ち上げたのは2000年10月1日なので、今日は満17歳の誕生日に当たります。

当時のパソコンは本体とブラウン管のディスプレイ、キーボード、マウスなどがケーブルでつながれ、机の上はさながらスパゲティ状態でした。
通信もダイヤルアップ回線で、その都度電話を架けてインターネットにつないでいました。
まだるっこしいことこの上ありません。

パソコンの操作には多少慣れていましたが、ホームページの作成は初めてだったのでかなり苦労しました。
作成ソフトは最初はパソコンに無料でついていた「フロントページ・エクスプレス」を、その後は「ホームページビルダー」を使いました。
自作の写真を撮ったりスキャナーで読み込んだりして、画像ソフトで体裁を整えるにもずいぶん時間を費やしたものです。
暇さえあればホームページ作成に時間を費やしていたので、家内からは「パソコンが恋人ね」などと冷やかされていたものです。

最初は「書を楽しむ法」の記事を2週間ごとに掲載し、自作の書を毎月1作掲載していました。
パリに単身赴任していた2007、8、9年はパソコン環境が整わなかったので更新も滞りがちでしたが、帰国後は定期的に更新し、現在は書道、水墨画、篆刻の作を毎週掲載しています。

つたない作をお目にかけるのは気恥ずかしいし、おこがましいとのそしりを受けることは十分承知の上ですが、専門家でなくても書道や水墨画、篆刻を十分楽しめるということをお伝えしたいのです。
還暦を迎えた書道愛好家のわがままとご容赦いただければ幸いです。

(2017年10月1日)

 



 【ごあいさつ】
このサイトは2000年10月1日に開設したものです。
つたない作を掲載しておりますが幾分かでもお楽しみいただければ幸いです。
ご意見、ご感想、ご質問等がありましたら,どうぞお気軽にお寄せください。
 メールは下のポストをクリックするか y-tagi@nifty.com までどうぞ。

    読者の声

書研究家  多木 洋一 (たぎ よういち)