【筆文字ロゴ】
ロゴやタイトルを自分なりの感性で筆文字にしてみました。毎週月曜日更新。

白虎


白虎
四神の三。西にあって秋の象徴。色は白。白虎隊や北原白秋の名前はこれにちなんでいます。



ピサの斜塔


【水墨画習作】
水墨画を習って3年目、日々新しい発見の連続です

暗雲


暗雲
三浦半島・剱崎の奇岩



【篆刻】
折々に印を刻して楽しんでいます。


梅に二印


梅の絵に印を二つ合わせてみました。



【人書倶老】
書画篆刻についての随想です。毎月1日に掲載します。

2 書画篆刻の楽しみ

長いこと書道に親しんできましたが、現在は書道に加えて水墨画と篆刻を楽しんでいます。
書道は8歳から、篆刻は16歳から(ただし長い中断あり)ですが、水墨画は58歳になってから始めました。
60歳を過ぎて時間的余裕もでき、この三つを同時にやることで楽しさはいや増した感があります。

書の作品には印がどうしても必要なので、高校生の頃から篆刻に興味を持っていました。
これまで篆刻を直接教わったことはありませんし、仲間もいなかったのですが、最近になって地元の篆刻愛好会「游刻会」に入会して専門家の指導を受けたり、また中国の大学で教えている日本人篆刻家から教えを受けたりする機会がありました。
それぞれ得るところ大きく、ますます篆刻に興味を深めているところです。

水墨画と書とは墨を使うという共通点がありますが、墨の扱いはまるで異なります。
書で使う墨は漆黒で強く、基本的に黒一色です。液体墨を使うことも多いです。
それに対して水墨画は濃墨から水のような淡墨までを使い、にじみやぼかしなど墨の持つあらゆる可能性を追求します。
水墨画の墨はいわゆる青墨で、基本的には硯で磨り、墨色の微妙な味わいを大切にします。
酒井清一(翠酒湖)先生という素晴らしい指導者に出会えて、水墨画の魅力にはまっているところです。

書画篆刻は文人のたしなみと言われます。
古来の文人墨客には及びもつきませんが、書画篆刻を同時にたしなむことで、文人の楽しみの一端を味わうことができるような気がしています。

(2017年11月1日)

 



 【ごあいさつ】
このサイトは2000年10月1日に開設したものです。
つたない作を掲載しておりますが幾分かでもお楽しみいただければ幸いです。
ご意見、ご感想、ご質問等がありましたら,どうぞお気軽にお寄せください。
 メールは下のポストをクリックするか y-tagi@nifty.com までどうぞ。

    読者の声

書研究家  多木 洋一 (たぎ よういち)