【書を楽しむ】

秋の夜の会話


「秋の夜の会話」 草野心平

さむいね/ああさむいね
虫がないてるね/ああ虫がないてるね
もうすぐ土の中だね/土の中はいやだね
痩せたね/君もずいぶん痩せたね
どこがこんなに切ないんだろうね/腹だろうかね
腹とつたら死ぬだろうね/死にたかぁないね
さむいね/ああ虫がないてるね





【水墨画を楽しむ】

江山平遠


江山平遠




【篆刻を楽しむ】

【篆刻千字文】第84回(全250回)


夫唱婦隨
【拡大】


【原寸:2.5センチ角】

夫唱婦隨(フショウフズイ)
 おっととなえつましたがう。
 夫が言い出したことに妻が従うのが夫婦円満の道である。






【人書倶老】
書画篆刻についての随想です。


12 書と水墨画の硯

私は子供の頃から書に親しんでいますが、数年前から水墨画を習い始めて感じたことがあります。
それは書と水墨画とでは、用いる用具は同じようでも、その意味合いや使い方がかなり違うということです。
文房四宝と呼ばれる筆墨硯紙のうち、最後は硯について。

書と水墨画では、そもそも硯を使うか使わないかの違いがあります。
前回述べたように、私は書作の際は液体墨専門なので固形墨を磨ることはなく、したがって硯も使いません。
これまでに買い求めた硯も何面かありますが、ほとんどは箪笥の引き出しの中に眠っています。
硯の代わりに使っているのは液体墨をそのまま入れるための墨池で、大作を書くときには銅製の鍋を使っています。

一方、水墨画では必ず墨を磨るので硯を使います。
ふだん使っている硯は6インチ(約15センチ)の汾河澄泥硯です。
ほかにも端渓硯などが数面がありますが、この澄泥硯がいちばん墨の下りがよく、軽くて持ち運びにも便利なので重宝しています。
この澄泥硯は2017年から3年間フランスのパリで過ごした際にも持参したもので、私にとっては愛着の深い硯です。

書で硯の出番はありませんが、硯を使う場面がもう一つあります。
それは篆刻の布字すなわち印面に文字を書き入れるときです。
私は朱文の時は印面に墨を塗って朱墨で書き、白文の時は印面に朱墨を塗って墨で書きますが、黒の液体墨は渇きが遅い上にべたつき、朱墨液は印面への乗りが悪いので、固形墨と朱墨をそれぞれ別な硯で磨って布字をしています。

硯はかつての実用から現在では鑑賞用、愛玩用になっており、特に中国では古硯が高値で取引されていると聞きます。
日本の硯の蒐集家としては楠文夫氏が有名です。私も一度、氏の「硯の資料室」にお邪魔したことがありますが、愛硯家垂涎の硯が多数所蔵されているのにはまさに圧倒されました。
私の知人の茨城県東海村の山口歓一氏も多くの硯を蒐集されており、亡くなられた後は奥様がそれら300点もの硯を東海村に寄贈し、楠文夫氏の編集によって「東海村硯譜 山口歓一先生遺愛硯」として発行されています。
硯に情熱を傾ける人たちが貴重な文化財である硯を蒐集し愛玩し、次の世代に伝えていってくれるのは有難いことです。

(2019年12月) 
 
硯と墨池各種。右下が汾河澄泥硯。左下が篆刻用の硯。




 【ごあいさつ】
この「書を楽しむ法」は2000年10月1日に開設したものです。
最初は書道に関する評論を連載していましたが、現在は自作の書、水墨画、篆刻を掲載しております。
つたないものですが、ご興味のある方々に多少なりともお楽しみいただければ幸いです。
ご意見、ご感想、ご質問等がありましたら,どうぞお気軽にお寄せください。
 メールは下のポストをクリックするか y-tagi@nifty.com までどうぞ。

    読者の声

書研究家  多木 洋一 (たぎ よういち)