【書を楽しむ】
「落款を楽しむ」を連載しています。毎週月曜日更新。


康寧

「康寧」病起初作此。不成字。莫笑。唯自娯耳。祥石。
康寧。病より起きて初めてこれを作る。字をなさず。笑うなかれ。ただ自ら娯しむのみ。祥石。
病気が治って健康の大切さを改めて思い知り、「康寧」と書きましたが、思うように書けません。
笑わないでください、自分で楽しんでいるだけですから、と言い訳をしました。



【水墨画を楽しむ】
水墨画の習作です。

渓流

渓流
翠酒湖(酒井清一)先生の手本を習いました。



【篆刻を楽しむ】
篆刻千字文を連載しています。

閏餘成歲
【拡大】


【原寸:8分角(2.4センチ)】

閏餘成歲(ジュンヨセイサイ)
閏月(うるうづき)によって一年を完成させる。




【人書倶老】
随想です。毎月1日に掲載します。

8 篆刻千字文

私は篆刻が好きで、これまで落款印や成語印の類をずいぶん刻してきました。
しかし振り返ってみるとどうも脈絡がないので、このへんでひとつまとまったものを刻してみたいと思うようになりました。
ふと頭に浮かんだのが千字文です。

千字文は今から1500年ほども昔の中国の南北朝時代、南朝梁の武帝(464-549、在位502-549)が周興嗣 (469-521) に命じて作らせた、千の文字からなる韻文です。
あるとき梁の武帝は王子たちに書を習わせようと思い立ち、臣の殷鉄石に命じて、王羲之の書の中から重複しない文字一千字を模写させました。
しかし模写されたものは一字ずつの紙片であったため、雑然として秩序がありません。

そこで武帝は博学で文章に長じた周興嗣を呼び出し、この一千字に順序をつけて韻文を作るよう命じました。
命を受けた周興嗣は、一晩のうちに整然たる一篇の韻文を作り上げ、武帝に奏上しました。
これが千字文ですが、周興嗣の苦心は大変なもので、一夜にして頭髪が真っ白になったと伝えられています。

千字文は天地玄黄、宇宙洪荒から始まり、4文字ずつ1句になっているので、印文にするには好都合です。
全部で250句、週に1顆ずつ刻するとして年に52顆、5年ほどで完成することになります。
5年かけて少しずつ刻することによって、自身の刻風の変化を見ることもできそうです。
用いた印材は8分角(2.4センチ)のもので、大きすぎず小さすぎず手ごろな大きさです。

一般的に言って、千字文は中国で子供に漢字を覚えさせるための初歩の教科書か、習字の手本といった程度にしか受け止められていません。
しかし、周興嗣が心血を注いだだけあって、様々な典故を踏まえた実に味わい深い内容が含まれています。
私もこの機会に改めて千字文の全文を読み返しつつ、楽しみながら刻していきたいと思います。

(参考文献)
「千字文」 小川環樹・木田章義 注解 1997年 岩波文庫
「昭代千字文」 近藤武吉 1972年 愛育新書
「註解名蹟碑帖大成」 藤原楚水 1976年 省心書房
「墨」251号 千字文 2018年 芸術新聞社

(2018年5月)




 【ごあいさつ】
この「書を楽しむ法」は2000年10月1日に開設したものです。
最初は書道に関する評論を連載していましたが、現在は自作の書、水墨画、篆刻を掲載しております。
つたないものですが、ご興味のある方々に多少なりともお楽しみいただければ幸いです。
ご意見、ご感想、ご質問等がありましたら,どうぞお気軽にお寄せください。
 メールは下のポストをクリックするか y-tagi@nifty.com までどうぞ。

    読者の声

書研究家  多木 洋一 (たぎ よういち)