【書を楽しむ】
「落款を楽しむ」を連載しています。毎週月曜日更新。


邂逅

「邂逅」七月七日是七夕。織女牽牛相逢時。祥石。
邂逅。七月七日はこれ七夕。織女と牽牛、相い逢うの時。
今年の七夕は西日本の各地で大規模な災害が発生しています。
被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。



【水墨画を楽しむ】
水墨画の習作です。

涸沼残照

涸沼残照



【篆刻を楽しむ】
篆刻千字文を連載しています。

珠稱夜光
【拡大】


【原寸:8分角(2.4センチ)】

珠稱夜光(シュショウヤコウ)
珠(たま)は夜光と呼ばれたものが名高い。




【人書倶老】
随想です。毎月1日に掲載します。

10 老眼

人間、年を取ると老眼が進み、視力が衰えてきます。
書画篆刻を楽しんでいる身としては、特に篆刻がおっくうになってきます。
呉昌碩の刻印にも「老眼昏瞀(ボウ。暗い意)し、手にまかせてこれを成す」という側款があり、やはり老眼で見えにくかったことが窺えます。

もっとも老眼は悪いことばかりではありません。
水墨画は写意画なので、あまり細部にとらわれる必要はありません。
対象を大づかみに描くには、老眼でぼんやり見えているぐらいの方が自由に筆が動くような気がします。

書についても、若い頃は細かな部分にこだわって何枚も書き直しをしていましたが、今は細かい所がよく見えないので全体感で判断し、数枚書いてよしとしています。
結果として完成度は低いものの、新鮮味と即興性は出ているように思います。

篆刻がおっくうになったと最初に書きましたが、篆刻千字文を始めたことでもあり、老眼という現実を受け入れながら、呉昌碩のように「手にまかせてこれを成す」という境地に少しでも近づきたいと思っています。

(2018年7月1日)




 【ごあいさつ】
この「書を楽しむ法」は2000年10月1日に開設したものです。
最初は書道に関する評論を連載していましたが、現在は自作の書、水墨画、篆刻を掲載しております。
つたないものですが、ご興味のある方々に多少なりともお楽しみいただければ幸いです。
ご意見、ご感想、ご質問等がありましたら,どうぞお気軽にお寄せください。
 メールは下のポストをクリックするか y-tagi@nifty.com までどうぞ。

    読者の声

書研究家  多木 洋一 (たぎ よういち)