【書を楽しむ】


荒海や佐渡に横たふ天の川


荒海や佐渡に横たふ天の川 (芭蕉)






【水墨画を楽しむ】

雲海


雲海
  画賛は唐の詩人、賈島の「尋隠者不遇」。
松下問童子。言師採薬去。只在此山中。雲深不知處
(読み下し)
隠者を尋ねて遇わず
松下、童子に問う。「師は薬を採りに去けり」と言う。
只だ此の山中に在らん。雲深くして処を知らず。
(日本語訳)
松の木の下で童子に隠者の先生はどこかと尋ねると、童子は「先生は薬を採りに行かれました」と言う。
隠者はこの山中にいらっしゃるのだろう。雲が深くて行方はとても分からないが。




【篆刻を楽しむ】

【篆刻千字文】第78回(全250回)


攝職從政
【拡大】


【原寸:2.5センチ角】

攝職從政(セツショクジュウセイ)
 しょくをとりてまつりごとにしたがう。
 職務を執り政治に従事する。


【成語印】


洗心
【拡大】


【原寸:3センチ角】


洗心
全紙大の書作の引首印として制作したものです。






【人書倶老】
書画篆刻についての随想です。


 10 書と水墨画の紙

私は子供の頃から書に親しんでいますが、数年前から水墨画を習い始めて感じたことがあります。
それは書と水墨画とでは、用いる用具は同じようでも、その意味合いや使い方がかなり違うということです。
文房四宝と呼ばれる筆墨硯紙のうち、今回は紙について。

書でも水墨画でも紙を使いますが、違うのはその量です。
書では紙を大量に使います。
書の臨書は古典を学ぶために際限なく繰り返しますし、作品作りの場合には1点の作品を仕上げるのに何十枚もの紙を費やすことがあります。書き進めていて誤字、脱字が出ればその紙はもう終わりですし、ここぞというところで思うような線が出なかったり、書き上げて満足がいかなければ即座に反故になります。
私も最近でこそ書作の味わいは即興性や臨場感にあると思うようになり、2~3枚で仕上げるように心掛けていますが、かつてはずいぶんと無駄に書きつぶしたものでした。

それに比べて水墨画で使う紙の量はごくわずかです。
乾き具合を見ながら、次にどこに筆を加えるかを考えながら少しずつ描き進めるので、1点を仕上げるのに時間がかかります。また書と違って、あるところで失敗したと思っても、さらに筆を加えることで救うことができたり、かえって効果的な表現になったりすることもあるので、すぐに反故にはしません。結果、使う紙の量は少ないものになります。

次に紙の選び方の違いです。
私は書の場合はにじむ紙とにじまない紙を選ぶぐらいで、あまり紙にはこだわりません。書では液体墨を使うことが多く、墨色は問題にしないからです。制作中に紙を変えることもありますが、紙によるタッチの違いによって気分を変えたいからで、書作において紙を慎重に選ぶことはあまりありません。

一方、水墨画では大いに紙にこだわります。
水墨画は微妙な濃淡を追求するので、描いている最中には適度なにじみとかすれが出て、乾いた後には墨色がきれいに出る紙がどうしても必要になります。これらの性質は紙によって全く違うので、和紙か中国の紙か、厚手の紙か薄手の紙か、生紙か表面加工がしてある熟紙かなど、自分の求める表現によって様々に選択を繰り返します。

書でも水墨画でも、紙は制作の舞台となる大切なものです。
昨今、書道人口の減少などで紙の需要が少なくなり、とりわけ和紙の産地は存続が危ぶまれていると聞きます。これまでは湯水のように使っていた紙ですが、改めて紙を漉いてくれた人に感謝しつつ、紙の上で大いに心を遊ばせたいと思います。

(2019年10月)
紙
出番を待つ紙たち。




 【ごあいさつ】
この「書を楽しむ法」は2000年10月1日に開設したものです。
最初は書道に関する評論を連載していましたが、現在は自作の書、水墨画、篆刻を掲載しております。
つたないものですが、ご興味のある方々に多少なりともお楽しみいただければ幸いです。
ご意見、ご感想、ご質問等がありましたら,どうぞお気軽にお寄せください。
 メールは下のポストをクリックするか y-tagi@nifty.com までどうぞ。

    読者の声

書研究家  多木 洋一 (たぎ よういち)