since 2000
 


【書を楽しむ】
今年のテーマは「花の名」です。


山吹


9 山吹
七重八重花は咲けども山吹のみの一つだになきぞ悲しき(後拾遺集)
太田道灌の逸話は有名ですが、山吹色と聞いて連想するのは時代劇に出てくる小判の色。
私は子供のころヤマブキがどんな花か知らず、小判のような黄金色をした花なのだろうなと勝手に想像していました。
漢字にするとなかなか堂々たる字面で、拙作は勢いよくかすれをつけて書いてみました。。




【水墨画を楽しむ】


寂光

寂光




【篆刻を楽しむ】

【篆刻千字文】第96回(全250回)


顛沛匪虧
【拡大】


【原寸:2.5センチ角】

顛沛匪虧(テンパイヒキ)
 てんぱいにもかかず。
  節義廉退の心は、つまずいた時でさえも欠けることのないようにせよ。





【人書倶老】
書画篆刻についての随想です。


2 シチリア

昨年末にシチリアに旅行してきました。
シチリアはイタリア半島の南にある島で、地中海文明の十字路と言われるように様々な文化が入り混じり、見どころがたくさんあります。
ギリシャ時代の神殿やローマ時代の遺跡を見学したり、マヨルカ焼きのカルタジローネ、風光明媚な保養地のタオルミーナなどを訪れました。
またシチリアはマフィア発祥の地であり、映画ゴッドファーザーのロケ地となったことでも有名です。
旅行の楽しみは知らない土地の風景や人情に触れることはもちろんですが、一方で自分自身を見つめなおすよい機会でもあります。
今回も異国の地を旅しながら、あれこれと思いを巡らしたり、書や水墨画の構想を練ったりして有意義な時間を過ごすことができました。

(2020年2月) 
 
シチリアのシンボルマーク「トリナクリア」(三脚巴)




 【ごあいさつ】
この「書を楽しむ法」は2000年10月1日に開設したものです。
最初は書道に関する評論を連載していましたが、現在は自作の書、水墨画、篆刻を掲載しております。
つたないものですが、ご興味のある方々に多少なりともお楽しみいただければ幸いです。
ご意見、ご感想、ご質問等がありましたら,どうぞお気軽にお寄せください。
 メールは下のポストをクリックするか y-tagi@nifty.com までどうぞ。

    読者の声

書研究家  多木 洋一 (たぎ よういち)