since 2000
 


【書を楽しむ】
今年のテーマは「花の名」です。


たんぽぽ


15 たんぽぽ
最も身近な花の一つがたんぽぽ。
園芸家には邪魔者扱いされながらも、「たんぽぽのちえ」は小学校の教材にもなっています。
フランス語ではダンドリオン(ライオンの歯)といい、ギザギザした葉っぱがライオンの牙を連想させるようです。
拙作は、愛らしさとたくましさそしてギザギザ感を表現してみました。




【水墨画を楽しむ】


黎明

黎明




【篆刻を楽しむ】

【篆刻千字文】第102回(全250回)


好爵自縻
【拡大】


【原寸:2.5センチ角】

好爵自縻(コウシャクジビ)
 こうしゃくおのずからまとわる。
 (正しい節操を堅持すれば)よい地位が自然とやってくる。





【人書倶老】
書画篆刻についての随想です。


4 スプレー糊の裏打ち

スプレー糊は紙を貼り付けるのに使うものですが、篆刻の小品を裏打ちするときにも威力を発揮します。
手順は以下の通り。
①新聞紙を広げた上に作品を裏返して載せる。
②スプレー糊を均等に吹き付ける。
③表を返して台紙に貼り付ける。この時、空気が入らないように端からそっと置いていく。
④上からあて紙をしてバレンで軽くこする。中心から外側に空気を押し出すようにバレンを動かす。
⑤乾いたら、所定の大きさにカットする。
これできれいに裏打ちができます。

私は伝統的な水張りの裏打ちをする技術がないので、これまでアイロンの熱で圧着するタイプの裏打ち用紙でやっていたのですが、どうしても熱で紙がゆがんでしまい、満足のいく仕上がりにはなりませんでした。
篆刻愛好家の集まりである游刻会でスプレー糊を使うやり方を教わり、実際にやってみたところ大変うまくいきました。
スプレー糊方式では水で湿らせたりはしないので、墨量が多く紙が波打っているような書作品の裏打ちはできませんが、篆刻作品のように紙の伸び縮みがほとんどない場合には十分に可能です。
私が使っているのは3Mのスプレーのり55です。貼ってはがせるタイプで、噴射が柔らかく紙が飛びません。目詰まりした時に備えて替えの噴射口が2つ付属しています。
スプレー糊の裏打ち、皆さんもぜひお試しあれ。

(2020年4月) 
 
シチリア島アグリジェントのギリシャ神殿




 【ごあいさつ】
この「書を楽しむ法」は2000年10月1日に開設したものです。
最初は書道に関する評論を連載していましたが、現在は自作の書、水墨画、篆刻を掲載しております。
つたないものですが、ご興味のある方々に多少なりともお楽しみいただければ幸いです。
ご意見、ご感想、ご質問等がありましたら,どうぞお気軽にお寄せください。
 メールは下のポストをクリックするか y-tagi@nifty.com までどうぞ。

    読者の声

書研究家  多木 洋一 (たぎ よういち)