【書を楽しむ】
本文に落款文を添えてみました。毎週月曜日に更新します。

游於芸

「游於芸」弘道館中有此語。斉昭公筆也。祥石倣書。
芸にあそぶ。弘道館中この語あり。斉昭公の筆なり。
旧水戸藩の藩校である弘道館には、創設者である徳川斉昭公の筆になる「游於芸」の扁額が懸っており、それに倣って書きました。
芸とは六芸(りくげい)すなわち礼(儀礼)、楽(音楽)、射(弓術)、御(馬術)、書(習字)、数(算数)を指します。



【水墨画を楽しむ】

蜻蛉

蜻蛉




【篆刻を楽しむ】

青龍
【拡大】


【原寸:3センチ角】

青龍
今回から篆刻で四神(青龍・朱雀・白虎・玄武)を掲載します。
初回は青龍。東にあって春の象徴。色は青。青春という言葉や青龍刀の名称はこれにちなんだものです。





【人書倶老】
書画篆刻についての随想です。毎月1日に掲載します。

5 以書会友

以文会友という言葉があります。
出典は論語で、「文を以て友と会す」と読み、君子は学問を通じて交友するという意味です。
これに倣って言えば、書道を通じた交流はさしずめ「以書会友」ということになりましょうか。
書画篆刻を通じて同好の士や友人たちと交流を深めるのは、制作することとはまた違った楽しさがあります。

宮沢賢治の詩「雨ニモマケズ」はずいぶんたくさんの人に差し上げました。
きっかけは東日本大震災の後、被災者に元気を与えるような詩を書いてほしいというご依頼をいただいたことでした。
書いてみるとたちまち詩の魅力に取りつかれ、A4横の大きさで数十枚は書きました。
皆さんに喜んでいただけたのは私の字ではなく賢治の詩の力です。

はがき大の紙に漢字や俳句を書いたものも、知人に差し上げたり、パリに送って書道展でフランス人に配ってもらったりしました。
私の字はもとより素人字に過ぎませんが、筆で書いてあると、皆さんとりあえず「ほう」と言ってくださいます。
そこから話題が広がることも多々ありました。

雅号印を欲しい人は多いらしく、かつてこのホームページで「キリ番雅印プレゼント」としてアクセス数1,000番ごとに印を差し上げることにしたところ、ほぼ週1回のペースで申し込みがありました。
未熟な印ですが、タダなら文句はあるまいと、片端から刻ってお送りしました。
2002年から2006年にかけて200顆ほど刻しました。
お礼にと自作の書や地方の名産品を送ってくださった方もあり、見ず知らずの間柄なのにと情の深さに感じ入りました。
2007年から2009年にかけてはフランスに滞在し、書道同好会の皆さんに求められるままに150顆ほど刻しました。
雅印の制作は今でも時折依頼を受けることがあり、都合がつく限りはご要望に応じています。

未熟者は未熟者なりに書画篆刻を楽しむことができるし、お互いに交流することによって、さらに楽しみが増すものだという思いを深くしています。

(2018年2月1日)




 【ごあいさつ】
この「書を楽しむ法」は2000年10月1日に開設したものです。
最初は書道に関する評論を連載していましたが、現在は自作の書、水墨画、篆刻を掲載しております。
つたないものですが、ご興味のある方々に多少なりともお楽しみいただければ幸いです。
ご意見、ご感想、ご質問等がありましたら,どうぞお気軽にお寄せください。
 メールは下のポストをクリックするか y-tagi@nifty.com までどうぞ。

    読者の声

書研究家  多木 洋一 (たぎ よういち)