【書を楽しむ】

去年今年貫く棒の如きもの


去年(こぞ)今年 貫く棒の如きもの (虚子)




【水墨画を楽しむ】

曙光

曙光




【篆刻を楽しむ】

【篆刻千字文】第39回(全250回)



【拡大】


【原寸:8分角(2.4センチ)】

恭惟鞠養(キョウイキクヨウ)
  謹んでわが身を守り育ててくれた父母の恩を思う。


【成語印】

己亥
【拡大】


【原寸:3センチ角】

己亥
2019年の干支、つちのとい。




【人書倶老】
書画篆刻についての随想です。


1 パリの書道展

明けましておめでとうございます。2019年の幕開けです。

昨年2018年12月4日から9日まで、パリで在仏日本人会の書道展が開催されました。
在仏日本人会というのはフランスに在住する日本人たちが集まって作り上げた組織で、お互いの情報交換や相互扶助、さらには文化活動などを行っています。
私も2007年から2009年までフランスに滞在し、その際に在仏日本人会の書道同好会の皆さんと親しくさせていただきました。
特に会長であり指導者である安本年子先生にはたいへんお世話になったものです。

今回、安本先生からのお声がけをいただいて、私もパリの書道展に書と水墨画を何点か出品しました。
私の方は書き上げたものをマクリの状態でフランスに送るだけですが、表具や飾り付けの一切をやってくださるのが安本先生はじめ会員の皆さんです。
そのご苦労を思うと感謝に堪えません。

会場はいつもの通り、パリ国際大学都市の日本館。
パリ国際大学都市というのは、フランスの高等機関で学ぶ留学生や研究者のために各国ごとに作られた学生寮で、全部で40か国もの寮があります。
日本館は、1929年に日本人実業家の薩摩治郎八が寄贈したもので、堂々たる日本風の建築を誇り、講堂には藤田嗣治の名画が飾られています。
この講堂のピアノではかつてフジ子ヘミングも演奏しています。

花の都のパリ、しかも日本の文化を伝える由緒正しい建物の中での書道展です。
下の写真は私の作品のコーナー。
お恥ずかしいものですが、多少なりとも日本の文化をフランスの皆さんにお伝えできればと願っています。

(2019年1月)


パリ国際大学都市の日本館


パリの書道展。私の作品のコーナー。




 【ごあいさつ】
この「書を楽しむ法」は2000年10月1日に開設したものです。
最初は書道に関する評論を連載していましたが、現在は自作の書、水墨画、篆刻を掲載しております。
つたないものですが、ご興味のある方々に多少なりともお楽しみいただければ幸いです。
ご意見、ご感想、ご質問等がありましたら,どうぞお気軽にお寄せください。
 メールは下のポストをクリックするか y-tagi@nifty.com までどうぞ。

    読者の声

書研究家  多木 洋一 (たぎ よういち)