【書を楽しむ】





春風や 闘志いだきて 丘に立つ (虚子)



【筆文字ロゴ】

赤口


六曜は14世紀頃、中国から日本に伝わったとされます。
現在では、その日の吉凶をあらわすものとして、冠婚葬祭の日取りなどの判断材料に用いられることもあります。
You can find six labels in Japanese calendar. It is Rokuyo. Rokuyo is a six-day calendar system which shows whether a day is lucky or not.

「赤口」
大凶の日ですが、正午だけは吉といわれます。
№6 Shakko : Bad luck for all activities, with only the period around noon being auspicious.



トレドの大聖堂(スペイン)


【水墨画を楽しむ】

雲海

雲海
枝折峠の雲海をイメージしました。




【篆刻を楽しむ】

【篆刻千字文】第47回(全250回)


器欲難量
【拡大】


【原寸:8分角(2.4センチ)】

器欲難量(キヨクナンリョウ)
 うつわははかりがたからんことをほっす。
 自分の器量は他人からは量り難いように心がけよ。


【成語印】

万里春
【拡大】

万里春
【原寸:2.5センチ角】

万里春




【人書倶老】
書画篆刻についての随想です。


 3 印褥

篆刻は印を刻するものですが、刻した印をきれいに押してはじめて作品として完成します。
印を押すことを鈐印(けんいん)と言いますが、これがなかなか難しいのです。
小さい印であれば、平らな机や板の上に半紙を何枚か敷いてその上で押せばよいのですが、これが5センチ、6センチ角の大きな印となるとどうしても印影にむらが出てしまいます。

大きな印を押すのによく使われる方法としては、印を押した状態で印箋ごとひっくり返し、版画で使うバレンで裏からこするのが一般的ですが、こすったときに印箋がずれてしまったり、印の側面に付着した印泥で周囲が汚れてしまったりしてなかなかうまくいきません。

いろいろ試した結果、私はガラス製のカッティングボード(まな板)を使っています。
このカッティングボードは某生命保険会社から頂いたもので、大きさは20㎝四方の小ぶりのもので、ガラスの表面には細かな凹凸があります。
この上でこすると、ガラスの凹凸がバレンの役目を果たしてくれてきれいな印影が得られます。
実際のやり方としては、カッティングボードの上にトレーシングペーパーを敷き、その上に印箋を置き、印泥を付けた印を載せて、円を描きながら丁寧にこすります。
角が浮いているような印の場合は、その部分がよく写るように、やや傾けながらこすります。
トレーシングペーパーを敷くのは滑りをよくするためと、印箋が破れないようにするためです。
こすっているときに滑りが悪くて紙がずれる場合には、ガラス面に椿油などを少量塗って滑りをよくします。

この方法を用いるようにしてから、私は大きな印でもほぼ間違いなくきれいな印影が得られるようになりました。
印を押す台を印褥(いんじょく。印のしとね)と言いますが、このガラスのカッティングボードは私にとって愛用の印褥となっています。

(2019年3月) 
 
鈐印(けんいん)風景




 【ごあいさつ】
この「書を楽しむ法」は2000年10月1日に開設したものです。
最初は書道に関する評論を連載していましたが、現在は自作の書、水墨画、篆刻を掲載しております。
つたないものですが、ご興味のある方々に多少なりともお楽しみいただければ幸いです。
ご意見、ご感想、ご質問等がありましたら,どうぞお気軽にお寄せください。
 メールは下のポストをクリックするか y-tagi@nifty.com までどうぞ。

    読者の声

書研究家  多木 洋一 (たぎ よういち)