【書を楽しむ】
「落款を楽しむ」を連載しています。毎週月曜日更新。


三養

「三養」養神、養精、養気。戊戌重陽。祥石書。以自戒。
神を養い、精を養い、気を養う。戊戌重陽。祥石書。もって自ら戒む。
9月9日は重陽の節句。神を養い、精を養い、気を養うという三養と書いて自らの戒めとしました。




【水墨画を楽しむ】
水墨画の習作です。

奔流

奔流




【篆刻を楽しむ】
篆刻千字文を連載しています。

推位讓國
【拡大】


【原寸:8分角(2.4センチ)】

推位讓國(スイイジョウコク)
 古代の賢帝は皇帝の位と国とを、不肖の息子にではなく有能な臣下に譲った。




【人書倶老】
随想です。毎月1日に掲載します。

12 自分らしさ

「絵は自分らしさが出ればいい」
先日、テレビで絵画番組を見ていたら講師の先生がこんなことを言っていました。
書や水墨画、篆刻を楽しんでいる身としては、ぜひとも「自分らしさ」を出したいものだと思います。

何が「自分らしさ」なのかというのは難しい問題ですし、自分自身で判断できる性質のものではないかもしれません。

私の乏しい経験ですが、書作をしていていちばん自分らしさが出たと思うのは最初に書いた1枚目です。
ところがあそこが気に入らない、こうすればもっと良くなるはずという誘惑に負けて、いたずらに枚数を重ねてしまいます。
その後は書けば書くほど欠点は少なくなっていきますが、同時に自分らしさも失われていくように思います。

自分がこういうものを作りたいという意図があって作品を作っていくのですが、特に書道の場合、意欲が強すぎると作為が目立つようになり、自然な自分らしさからはかけ離れていってしまうように思います。

ふだんの練習では繰り返し書いて技術の習得に努めるわけですが、いざ自分の作を作る場合には、むしろ欠点こそが魅力なのだと開き直り、一発勝負で書くぐらいの方が自分らしさが出るように思います。

(2018年9月1日)




 【ごあいさつ】
この「書を楽しむ法」は2000年10月1日に開設したものです。
最初は書道に関する評論を連載していましたが、現在は自作の書、水墨画、篆刻を掲載しております。
つたないものですが、ご興味のある方々に多少なりともお楽しみいただければ幸いです。
ご意見、ご感想、ご質問等がありましたら,どうぞお気軽にお寄せください。
 メールは下のポストをクリックするか y-tagi@nifty.com までどうぞ。

    読者の声

書研究家  多木 洋一 (たぎ よういち)