【書を楽しむ】

楽趣

「楽趣」戊戌端午節。薄酒小酔。信筆作此。祥石。
楽趣。戊戌の端午節。薄酒小酔。筆に信(まか)せてこれを作る。
端午の節句に少しばかり酒を飲んでほろ酔い気分となり、筆に任せて「楽趣」と書きました。
(昨年の作。今年2019年己亥の端午節は6月7日でした。)




【水墨画を楽しむ】

奔流

奔流




【篆刻を楽しむ】

【篆刻千字文】第61回(全250回)


資父事君
【拡大】


【原寸:2.5センチ角】

資父事君(シフジクン)
 ちちにとりてきみにつかう。
 父に仕えるのと同じ心で主君に仕える。




【人書倶老】
書画篆刻についての随想です。


6 游刻会展

元号が平成から令和になった2019年5月、游刻会の展覧会が8日から13日まで茨城県のひたちなか市市民交流センターのギャラリーで開催されました。
ひたちなか市市民交流センターはビルの一階にあるこじんまりした会場ですが、篆刻の展示にはちょうどよく、会員9名がそれぞれの作を持ち寄って展示しました。

游刻会では年2回、5月にひたちなか市市民交流センターで、10月に水戸市の偕楽園公園センターで展示会を行っています。
これに加えて水戸市にある茨城県立図書館で開催したこともありましたが、毎回各自5~8点を出品するので年3回ではさすがに多すぎて制作が間に合わないという現実的な理由で、現在は春と秋の年2回に収まっています。
游刻会展覧会の特徴は無料の篆刻体験コーナーがあることで、今回も会期中9名の方がご自分の名前の印を刻っていかれました。

篆刻は、篆書の扱い、印面構成、印刀を用いての刻と、道具や技法が特殊なため、初心者にはなかなかとっつきにくい面があります。
しかしながら、方寸の世界すなわちわずか3センチ四方の中に心を遊ばせ、自分なりの世界を作り上げるのはたいへん楽しく、かつ奥が深いものです。
こうした展覧会などの機会を通じて、できるだけたくさんの人たちに篆刻の楽しみを広めたいと思っています。

(2019年6月)
 




 【ごあいさつ】
この「書を楽しむ法」は2000年10月1日に開設したものです。
最初は書道に関する評論を連載していましたが、現在は自作の書、水墨画、篆刻を掲載しております。
つたないものですが、ご興味のある方々に多少なりともお楽しみいただければ幸いです。
ご意見、ご感想、ご質問等がありましたら,どうぞお気軽にお寄せください。
 メールは下のポストをクリックするか y-tagi@nifty.com までどうぞ。

    読者の声

書研究家  多木 洋一 (たぎ よういち)