since 2000
 


【書を楽しむ】

今年のテーマは「花の名」です。


燕子花


25 燕子花
いずれあやめかかきつばた。
あやめとかきつばた、そして花しょうぶの区別の仕方は、以前教わったのですが、忘れてしまいました。みんなきれいでみんないい。
かきつばたは漢字で「燕子花」または「杜若」と書きますが、いずれも中国では別な植物を指すそうです。
拙作は燕子花を華やかな感じに書いてみました。




【水墨画を楽しむ】
今年のテーマは「臨画」です。


徐渭


徐渭「花卉図」(部分)の臨画




【篆刻を楽しむ】

【篆刻千字文】第114回(全250回)


鼓瑟吹笙

【拡大】


【原寸:2.5センチ角】

鼓瑟吹笙(コシツスイショウ)
 ことをひきふえをふく。
 二十五弦の大琴をひき笙(しょう)の笛を吹く。





【人書倶老】
書画篆刻についての随想です。


6 カメラ

ウェブサイトに書や水墨画の画像を載せるときには、まずカメラで撮影します。
私が2000年にこのホームページを開設した時にはまだフィルムカメラの時代で、写真屋さんに現像してプリントしてもらい、それをスキャナーで読み込んで画像にしていました。

その後カシオのデジタルカメラ、エクシリムを使い始めたところ、撮影してすぐに画像を確認できるし、SDカードをパソコンに差し込めば画像が取り込めるので、その便利さに感激したのもです。
さらにこのカメラには画像補正機能があって、多少斜めから撮影しても正しく長方形に補正してくれるので画像編集が格段に楽になりました。

このカメラも使い始めて10年になるので、そろそろ買い換えようかと探してみたところ、カシオはすでにカメラ製造の分野から撤退していました。
私としては斜め補正機能が欲しかったのですが、一般にはあまり必要とされない機能のせいかほとんどのカメラにはこの機能がなく、唯一リコーのGRシリーズに搭載されていました。
リコーのGRシリーズは昨年新しくGRⅢが発売され、一世代前のGRⅡは型落ちで安くなっており約6万円と手ごろだったのでさっそくGRⅡを購入しました。
メーカーが異なると設計思想が違うので慣れるのにちょっと時間がかかりましたが、最高級コンデジと言われるだけあってさすがに写りもよく、斜め補正を含めて機能が豊富なので満足しています。

(2020年6月)
 
シチリア島タオルミーナのマヨルカ焼のお店




 【ごあいさつ】
この「書を楽しむ法」は2000年10月1日に開設したものです。
最初は書道に関する評論を連載していましたが、現在は自作の書、水墨画、篆刻を掲載しております。
つたないものですが、ご興味のある方々に多少なりともお楽しみいただければ幸いです。
ご意見、ご感想、ご質問等がありましたら,どうぞお気軽にお寄せください。
 メールは下のポストをクリックするか y-tagi@nifty.com までどうぞ。

    読者の声

書研究家  多木 洋一 (たぎ よういち)