【書を楽しむ】
「落款を楽しむ」を連載しています。毎週月曜日更新。


長楽

「長樂」戊戌端午節。薄酒小酔。信筆作此。祥石。
長楽。戊戌の端午節。薄酒小酔。筆に信(まか)せてこれを作る。
6月18日(旧暦5月5日)は端午節。少しばかり酒を飲んでほろ酔い気分となり、筆に任せて「長楽」と書きました。



【水墨画を楽しむ】
水墨画の習作です。

山影

山影
今回も水面に映った風景の描き方の勉強。
酒井清一(翠酒湖)先生に手を入れていただきました。



【篆刻を楽しむ】
篆刻千字文を連載しています。

金生麗水
【拡大】


【原寸:8分角(2.4センチ)】

金生麗水(キンセイレイスイ)
黄金は麗水に産出する。




【人書倶老】
随想です。毎月1日に掲載します。

 9 篆刻の字書

篆刻では主に篆書(てんしょ)という書体を用いますが、これがなかなか厄介です。
甲骨文から秦の始皇帝が小篆に統一するまで千年以上の歴史があり、また広大な中国の各地で異なった字形が使われてきました。
さらに篆刻では小さな正方形の印面に収めるために、印篆という独特の字形が発達しました。
これらを調べるには専門の字書が欠かせません。

1 「標準篆刻篆書字典」
手軽なものとしては「標準篆刻篆書字典」(牛窪梧十編、1987年、二玄社)があります。下図左上。
A5版、厚さ2センチ、304ページの簡便な字典です。
編者の手書きで筆写されていて見やすく、小篆、印篆、金文、古璽(こじ)の4つに分類されているので、篆刻を始めたばかりの人でも文字の組み合わせに迷うことがありません。
私もこの字書にはずいぶんお世話になりましたが、各体につき1例しか載っていないので、しばらくすると物足りなくなってきます。

2 「必携篆書印譜字典」
印影をそのまま載せたものとして、「必携篆書印譜字典」(蓑毛政雄編、1991年、柏書房)があります。下図右上。
B6版、厚さ3.5センチ、本文527ページ。
該当する親字のところにその文字を含んだ印影全体を掲げ、その印の他の字例も索引によって検索できるようにしてあります。
印影がそのまま載っているので、その文字が印全体の中でどのように使われているかを見ることができます。
また、篆書時代にはなかった文字を使おうとする場合に、どの文字で代用すればよいのかを「篆は○○に作る」「もと○○に作る」と示してくれています。

3 「金石大字典」
「金石大字典」(中華書局香港分局、1975年)上下2冊本は私が学生のときに買ったものです。下図中段。
A5版、上下合わせて厚さ11センチ。ずっしり重い二冊本です。
多くの字例を採録してあるのですが、この字典の欠点はいかんせん引きにくいことです。画数を数えて総画で引くか、部首を根気よく探すしかありません。
よく使う文字に付箋をつけたりしてしばらく使っていましたが、あまりの面倒くささに閉口して今はほとんど使っていません。

4 「中国篆刻大字典」
現在私が主に使っているのは、篆刻家の今城昭二さんに譲っていただいた「中国篆刻大字典」(2012年、江西美術出版社)です。
A4版、3冊合わせて厚さ14センチ、本文2311ページ。上中下に分かれた大型本で、採録文字数も30万字と膨大です。
索引は画数とともに中国語の発音記号であるピンインでも引けるようになっているので大変便利です。中国語をやっていてよかったと思うのはこういう時です。
刻印に際して、これら様々な形の文字の中からどれを選ぶか、どう組み合わせるかはなかなか悩ましい問題ですが、それもまた篆刻の楽しみのひとつです。

(2018年6月1日) 


【篆刻の字書】
上段左「標準篆刻篆書字典」、上段右「必携篆書印譜字典」、中段「金石大字典」(2冊本)、下段「中国篆刻大字典」(3冊本)




 【ごあいさつ】
この「書を楽しむ法」は2000年10月1日に開設したものです。
最初は書道に関する評論を連載していましたが、現在は自作の書、水墨画、篆刻を掲載しております。
つたないものですが、ご興味のある方々に多少なりともお楽しみいただければ幸いです。
ご意見、ご感想、ご質問等がありましたら,どうぞお気軽にお寄せください。
 メールは下のポストをクリックするか y-tagi@nifty.com までどうぞ。

    読者の声

書研究家  多木 洋一 (たぎ よういち)