【書を楽しむ】

楽



令和の時代も楽しいことがたくさんありますように。




【水墨画を楽しむ】

瀑布

瀑布




【篆刻を楽しむ】

【篆刻千字文】第57回(全250回)


禍因惡積
【拡大】


【原寸:2.5センチ角】

禍因惡積(カインアクセキ)
 わざわいはあくのつむによる。
 悪行の積み重ねが災いを招く。





【人書倶老】
書画篆刻についての随想です。


5 水墨画展

2019年4月7日から13日まで、第7回現代水墨「酒湖の会」合同展が開催されました。
これは、水墨画家の酒井清一(翠酒湖)先生が茨城県の各地で指導されている生徒たちによる合同展で、毎年1回開かれています。
私は今年で4回目の参加となりますが、毎年苦労しながらも何とか出品を続けています。

毎回、酒井先生はじめ会員の皆さんの作品を見るのが楽しみで多くの刺激を受けますし、何と言っても最終日に行われる酒井先生のギャラリートークからは貴重な示唆を受けています。
今回のギャラリートークでも技法的な説明のほかに、水墨画は写意画なので自分が何を描きたいのかを突き詰めること、自分独自の視点を持つこと、現場に赴き五感を働かせて感じ取ることが大切であることなどを教えられました。

習い事や芸事は何でもそうでしょうが、拙いながらも自分でやってみることの楽しさは格別です。
今まで見えていなかったものが見えるようになり、少しずつではあっても今までできなかったことができるようになるのは嬉しいものです。
私は書画篆刻を嗜んでいますが、水墨画を学ぶことによって書と篆刻における視野も広がったような気がしています。
人生楽しいかな。

(2019年5月)  
 




 【ごあいさつ】
この「書を楽しむ法」は2000年10月1日に開設したものです。
最初は書道に関する評論を連載していましたが、現在は自作の書、水墨画、篆刻を掲載しております。
つたないものですが、ご興味のある方々に多少なりともお楽しみいただければ幸いです。
ご意見、ご感想、ご質問等がありましたら,どうぞお気軽にお寄せください。
 メールは下のポストをクリックするか y-tagi@nifty.com までどうぞ。

    読者の声

書研究家  多木 洋一 (たぎ よういち)