【お知らせ】





【筆文字ロゴ】
ロゴやタイトルを自分なりの感性で筆文字にしてみました。毎週月曜日更新。

枕草子


枕草子



上田城址公園の紅葉


【水墨画習作】
水墨画を習って3年目、日々新しい発見の連続です

蘭





【篆刻】
折々に印を刻して楽しんでいます。


絵手紙用印
【拡大】


【原寸:上から1.0、0.8、0.8センチ角】


絵手紙用の小印




【人書倶老】
書画篆刻についての随想です。毎月1日に掲載します。

3 中国人の書

この歳になって現代中国の書の味わいがようやく分かるようになった気がします。
今から14年前、2003年に東京で開催された「第一回全中国代表書家作品展」の図録を改めて見返しています。
田英章の一分の隙もない楷書がある一方で、無造作というか乱暴というか無頓着というか、細かいところの出来不出来など全く気にしていないように見える作品がずいぶんあります。

かつての私は、こんな書きなぐったような完成度の低い作をよく人前に出せるものだと思っていました。
しかしながら今あらためて見ると、ここには書いた人の性情が如実に表現されているように思えるのです。
書作の態度として、できるだけ臨場感豊かに即興性を失わないように表現しようとしています。
筆がもつれても、構成が多少破綻しても意に介しません。
むしろそれこそが感興の鮮度を伝えるものだと思っているふしがあります。
古来、書の要諦は「気韻生動」と言い、董其昌が「字はすべからく熟後の生なるべし」と言い、啓功が「書というものは血が通っていて、息吹が感じられて、はじめて書なのだ」と言うのはこのことかと思い当たります。

中国人は自らの見識で言葉を選び、自分が学び取った書法を踏まえて揮毫し、落款を記して自らの人格表現であることを宣言します。
そこにはほかの誰でもないこの自分が書いた書だという自負があります。
ある特定のスタイルで演技し、技術の高さと完成度を追求する日本の書と比べ、私はこうした中国人の書作態度の方により共感を覚えるのです。

(2017年12月1日)

 



 【ごあいさつ】
このサイトは2000年10月1日に開設したものです。
つたない作を掲載しておりますが幾分かでもお楽しみいただければ幸いです。
ご意見、ご感想、ご質問等がありましたら,どうぞお気軽にお寄せください。
 メールは下のポストをクリックするか y-tagi@nifty.com までどうぞ。

    読者の声

書研究家  多木 洋一 (たぎ よういち)