【書を楽しむ】


無心


「無心」青山元不動。白雲自去来。祥石。
無心。青山もと不動。白雲おのずから去来。
識語は「青い山は元から動かない。 白い雲は自然に行き来する」という禅語です。





【水墨画を楽しむ】

五重塔炎上

五重塔炎上




【篆刻を楽しむ】

【篆刻千字文】第66回(全250回)


夙興溫凊
【拡大】


【原寸:2.5センチ角】

夙興溫凊(シュクコウオンセイ)
 つとにおきてあたためすずしくす。
 朝は早く起き、冬は温かく夏は涼しいように父母に心配りをせよ。




【人書倶老】
書画篆刻についての随想です。


7 ファビコン

ファビコン(Favicon)というのは、Webブラウザでページを開いた際にアドレスバーやタブ部分に表示される小さなアイコンのことです。
私のホームページは2000年10月に開設したものですが、その当時はファビコンを設定しているホームページはそう多くはありませんでした。
ところが2019年の現在、世の中のホームページの多くが独自のファビコンを設定しているので、遅ればせながら私も自分のファビコンを設定することにしました。

まず、ファビコンの絵柄を何にするかですが、面積がとても小さいので単純な形がよいだろうと思い、私の雅号である「祥石」の落款印を使うことにしました。
この画像をスキャナーで読み込んでジェイペグ(.jpg)ファイルとして保存します。次にファイル変換ソフトを用いてアイコン(.ico)ファイルに変換します。
これで画像ファイルができたので、ホームページ・ビルダーでインデックスファイル(index.html)を開き、フレーム定義部分にHTMLタグを1行付け加えます。
<link rel="shortcut icon" href="favicon.ico">
これをサーバに転送すると、自分のファビコンが表示されるようになりました。

こう書くといかにもスムーズにいったように見えますが、実際にはファイル変換がうまくいかなかったり、HTMLタグを入れる場所が分からなかったり、ファビコンの画像サイズが小さすぎて何度もやり直したりと、試行錯誤の連続でした。
有難いことに今の時代はネットで調べればたいがいのことは分かるので、今回もネットの助けを借りながら何とか目的を果たすことができました。

(2019年7月)
 
ファビコンに使用した画像「祥石」




 【ごあいさつ】
この「書を楽しむ法」は2000年10月1日に開設したものです。
最初は書道に関する評論を連載していましたが、現在は自作の書、水墨画、篆刻を掲載しております。
つたないものですが、ご興味のある方々に多少なりともお楽しみいただければ幸いです。
ご意見、ご感想、ご質問等がありましたら,どうぞお気軽にお寄せください。
 メールは下のポストをクリックするか y-tagi@nifty.com までどうぞ。

    読者の声

書研究家  多木 洋一 (たぎ よういち)