しょ ふ
7 書譜 

 

 

唐   孫過庭(そんかてい)   書譜(しょふ)

あまり発展性はないが草書の典型。後半の節筆の激しさは見どころ。
節筆とは下図のように,筆が何かに引っ掛かったかのように,筆画が節くれ立っているところです。この節筆はなぜできたのか,解説は第四章の六「書譜」をご覧下さい。臨書例は「第五章 臨書のすすめ 三 書譜」をご覧ください。

 

 


古典のリストに戻る                次の古典に進む