もっかん
8 木簡 

 

 

漢   敦煌木簡(とんこうもっかん)

漢人の貴重な肉筆。素朴で自由な字形と躍動感が魅力。これは通常の平らな板ではなく,觚(こ)といって三角柱の木簡に書かれたものです。
写真は3分割したものを拡大してありますが,実際の大きさは幅29o,高さ360oです。

 


古典のリストに戻る                次の古典に進む