しょくそじょう
21 蜀素帖 

 

 

宋   米元章(べいげんしょう)   蜀素帖(しょくそじょう)

蘇東坡,黄山谷と並ぶ宋の三大家の一人。痛快,闊達の書。なお,元章というのは米芾(べいふつ)のあざなです。
この作は,蜀の国で織られた絹に書かれたもの。下は冒頭二字「擬古」の拡大図ですが,これを見ると織物に書かれていることがよく分かります。

 

 


古典のリストに戻る                次の古典に進む