こうしゅう かんしょく しかん
19 黄州寒食詩巻 

 

 

宋   蘇東坡(そとうば)   黄州寒食詩巻(こうしゅうかんしょくしかん)

蘇軾の鬱屈した気持ちがひしひしと迫ってくる名作。なお,東坡というのは蘇軾(そしょく)のあざなです。全体は下のとおりで,後半部分は黄庭堅の跋です。
この作品の解説は,第四章「古典を楽しもう」の 黄州寒食詩巻 をご覧ください。

 

 


古典のリストに戻る                次の古典に進む