ちょう せん ひ
31 張遷碑 

 

 

漢 張遷碑(ちょうせんひ)

後漢末の186年の立碑。曹全碑(185年)と同時期のものでありながら、曹全碑の優麗、典雅に対して素朴、剛健、野趣と評される隷書。西川寧は「石門頌や張遷をおもしろいと思ったにはちがいないが、漢隷の原型というものがわかってみると、あれでは、ただ趣味的なだけで、骨がたっていなかったことをしみじみと感じたものである」と言っていますが、この野人のごとき風格は実に魅力的です。

(参考文献) 中国法書ガイド9 『張遷碑』1990年、二玄社

 


古典のリストに戻る                次の古典に進む