こう や ぎれ
30 高野切 

 

 

平安中期  伝 紀貫之(きのつらゆき) 高野切(こうやぎれ)

日本独自の仮名の完成された姿。高野切には三種類の書風があるが,これは第三種と呼ばれるものでスマートで知的なところが魅力。

 


古典のリストに戻る                次の古典に進む