48 蔵輝




蔵輝(ぞうき) 光りや輝きを内面に深く蔵すること
【日々雑感】

48 王羲之展
 東京国立博物館で開催されている「書聖王羲之―書を芸術にした男」(2013年1月22日~3月3日)を観てきました。

展示の中心は、王羲之の最高傑作とされる蘭亭序です。
蘭亭序はそれ自体が素晴らしい書跡である上に、唐の太宗皇帝が酷愛し、その陵墓に副葬されて永遠に失われたことで、いっそう後世の人々のロマンをかきたてたのでしょう。
後世、おびただしく作られた摸本や臨本を見ながら、そんなことを思いました。

私としては、その真の姿がよく分からない蘭亭序よりも、米芾の虹県詩巻や蘇軾、黄庭堅の名品、董其昌の行草詩巻や明清時代の書法の展開の方が興味深く、そちらの方を主に鑑賞してきました。

(2013年2月18日)