49 断




【日々雑感】

49 ブラジルと書道
 1908年(明治41)、日本からブラジルに向けた最初の移民船「笠戸丸」が神戸港を出航しました。
それから100年余り、ブラジルに渡った日本人たちは筆舌に尽くしがたい苦労と幾多の試練を乗り越えていきました。
ブラジル社会に根を下ろした日系人たちは、現在では150万人ともいわれる世界最大の日系社会を築いています。

私も仕事上でブラジルの方々とお付き合いがあり、ブラジルでは書道がたいへん盛んであることを知りました。
趣味で書道を学ぶのみならず日本の展覧会に出品したり、篆刻や刻字を楽しむ方もいます。
私も拙作を数点差し上げたところ、現地の展覧会で紹介していただけることになりました。
書道を通じたブラジルとの交流がますます盛んになることを願っています。

(2013年2月25日)