47 梅一輪



梅一輪一輪ほどの暖かさ (服部嵐雪)
【日々雑感】

47 書道美術館
 東京都板橋区に、日本書道美術館があります。
2013年1月16日から2月24日まで、「近代のあけぼの-近代日本の書のあゆみ-」展が開催されているので、足を運びました。

明治時代の書はなかなか現物を目にできる機会がないので、こうした展覧会はありがたい企画です。
中林梧竹、日下部鳴鶴、巌谷一六の三大家をはじめ、会津八一、川村驥山、津金寉仙、西川春洞、比田井天来など、明治、大正、昭和の時代に名を馳せた書人たちの作品が一堂に会しています。

いずれも私にとっては懐かしい名前ばかりで、時を忘れてじっくりと見入りました。
昔の人はよく鍛錬していて、筆が隅々まで行き届いていると感心しました。
とりわけ、梧竹の気韻の高さと寉仙の逸格の妙味が印象的でした。

日本書道美術館のホームページはこちら → http://shodo-bijutsukan.or.jp/

(2013年2月11日)