31 切磋琢磨



切磋琢磨(せっさたくま)
学問や人徳をよりいっそう磨き上げること。また、友人同士が互いに励まし合い競争し合って、共に向上すること。「切」は獣の骨や角などを切り刻み、「磋」は玉や角を磨き、「琢」は玉や石をのみで削って形を整え、「磨」は石をすり磨く意。出典は詩経。
【日々雑感】

31 瓦屋さん
 東日本大震災で屋根瓦が傾いたままだったので、瓦屋さんに修理に来てもらいました。
驚いたのはその仕事の丁寧さです。
雨樋を傷めないように細心の注意をはらって二階に梯子を掛け、自分が梯子に乗ったまま反動をつけて梯子を浮かし、当て木をはさみます。
見ている方が肝を冷やしますが、聞けば、雨樋の規格は数年おきに変わるので、一箇所でも傷つけてしまうと部分修理がきかないのだとのこと。
屋根瓦の状態と修理の方法についても詳しく説明してくれました。

お昼になったので昼食はと尋ねたところ、食べると体のバランスが崩れるので昼食は摂らないとのこと。
「修理仕事で人を使っていたのでは採算が取れません」と言って、すべて一人で作業を終え、びっくりするほどの低価格でした。
まだお若い方で、瓦を焼く窯元で育ち伝統技術をしっかり受け継ぎながら、新しい材料や工法を採り入れるための勉強も怠りません。
現代に生きる瓦職人の心意気を見た思いがしました。

(2012年10月22日)