27 益者三友



益者三友(えきしゃさんゆう)
交際して益をもたらす友人は、正直な人、誠実な人、博識な人の三種類。損をもたらす友人は、誠のない人、へつらう人、口先だけの人の三種類。(論語)
【日々雑感】

27 朱家済
 最近、朱家済(1902―1969)という人の書を知りました。
朱家済は清朝末期に生まれ、中華民国を経て中華人民共和国の時代を生き、文化大革命の最中に一生を終えています。
まさに中国近代の波乱の時代をくぐり抜けた人です。
浙江省文物管理委員会委員となり、晩年は浙江美術学院の教授として書法や古典文学を講じました。

その書はご覧の通り、実に修練の行き届いた、落ち着きと伸びやかさを感じさせる格調高いものです。
朱家済の教えを受けた李文采という人が、先生の書は趙子昂より上であると評しています。
趙子昂の書と似たような書風ですが、品格の高さという点ではあるいはそう言えるかもしれません。
日本では書を学ぶ人はどうしても作品づくりの参考になりそうな派手な書に目を奪われがちですが、現代日本の成熟した社会にふさわしい、こうした滋味あふれる書にもぜひ目を向けてほしいと思います。

(2012年9月24日)