22 経世済民



経世済民(けいせいさいみん)
世を経(おさ)め民を済(すく)う。「経済」のもとになった言葉。
【日々雑感】

22 万華鏡
 仙台万華鏡美術館は、仙台市内から秋保温泉郷に向かう途中にあります。
誰しも子供のころ万華鏡の神秘的な美しさに見とれた経験があると思いますが、ここで見られる万華鏡は大人でも十分に楽しむことができるレベルの高いもので、まさに芸術品です。
どの万華鏡を覗いても極彩色の夢のような世界が広がるのですが、とりわけ驚かされるのは水の動きによってそれらが幻想的に揺れ動く姿です。
さらに、モダンアートと組み合わせたものや万華鏡の歴史の展示などもあって、万華鏡について一通りの知識が身につくようになっています。

仙台万華鏡美術館のホームページはこちら → http://www.iyashisekai.com/sendai/index.html

 また、秋保温泉の磊磊峡(らいらいきょう)渓谷の近くに、佐藤元洋さんという万華鏡作家のアトリエ兼ショップがあります。
佐藤さんは吹きガラスの万華鏡作家で、その作品は海外でも高く評価されています。
お店には万華鏡とともにペーパーウエイトもあり、吹きガラスで作った本体の中に一つひとつ手作りのオブジェが液体の中で泳いでいます。
たまたまパリから来客の予定があったので、一つ購入して差し上げたところ、たいへん喜ばれました。

(2012年8月20日)