清明






清明 杜牧
清明の時節、雨紛粉。路上の行人、魂を断たんと欲す。借問す、酒家は何れの処にか有る。牧童遥かに指さす杏花村。
清明節のころしきりに降る雨。旅人は気が滅入るばかり。どこかに居酒屋はないかと尋ねてみると、牧童ははるか彼方の杏の花咲く村を指さした。

※清明節
 中国の旧暦における二十四節気の一つ。現在の暦では4月5日前後に当たる。この日、人々は墓参りをして先祖を祭り、野山に出かけて春の遊びをする祭日。この時期、春風が吹いて暖かくなるが、雨も次第に多くなる季節である。

【日々雑感】

7 毛筆の手紙
 私は普段も手紙は毛筆で書きますが、縁あって島根県の方と毛筆の手紙のやり取りをしています。
電子メールなら瞬時に届くところを、受け取ってから返信するまで1週間かそれ以上と実にのんびりしたペースです。
毛筆の手紙の良いところは、書かれた文字のたたずまいから相手の息遣いさえもが感じられることです。
毛筆というのは、書く人の心の動きを増幅して紙に定着する働きがあるのだなあ、という思いを深くしています。

(2012年5月7日)