【篆刻】

58a 随処樂


随処樂


随処樂
いつでもどこでも今を楽しむ。
楽しみは妻子(めこ)むつまじくうちつどひ頭(かしら)ならべて物を食ふ時
楽しみは紙をひろげてとる筆の思ひのほかによく書けし時
前回の篆刻に橘曙覧(たちばなあけみ)の獨樂吟2首を添えてみました。