【篆刻】

57b 一觴一詠


一觴一詠
【拡大】


【原寸:3センチ角】

一觴一詠
いっしょういちえい。一杯の酒を飲み、一編の詩をよむこと。
出典は王羲之の蘭亭序です。印の構成は回文にしてみました。