47 墨梅図


墨梅図

梅の絵に、南宋の詩人、陸游の詩を合わせてみました。

「落梅」 陸游
酔うて折る残梅の一両枝。
妨げず、桃李自ずから時に逢うを。
向来(きょうらい)冰雪(ひょうせつ)の凝ること厳しき地に
力(つと)めて春の回るを斡(すす)むるは、竟(つい)に是れ誰ぞ

【大意】
酒に酔って、わずかに散り残る梅の一枝二枝を折る。
桃や李(すもも)が、自分でよい時節を選んで花咲くのも、それはそれでかまわぬ。
だが、かねてからそうなのだが、氷と雪が厳しく張りつめる大地に、
力一杯、春をよみがえらせようとしているのは、結局誰なのか。


【ご案内】

酒湖の会 水墨画展

私が習っている酒井清一(翠酒湖)先生の「第4回合同水墨画展」が開かれます。
私も水墨画を2点出品しています。よろしかったらご高覧ください。
日時:2016年3月27日(日)~4月2日(土)
午前10時~午後6時(最終日午後3時まで)
会場:東海ステーションギャラリー
茨城県那珂郡東海村舟石川駅西1-1-1