びょうぶ どだい
25 屏風土代 

 

 

平安中期   小野道風(おののどうふう)   屏風土代(びょうぶどだい)

道風が屏風の下書きとして書いたもの。日本的な優雅さを感じさせる和様の書。柔らかい筆遣いながら,内に秘めた力強さも見逃せない。

 


古典のリストに戻る                次の古典に進む