10 図南鵬翼



図南鵬翼


図南鵬翼
となんのほうよく。
巨大な鵬(おおとり)が南の果ての海を目指して大きく羽ばたいていったという故事より、大きな志を抱いて大事業を企てることのたとえ。(『荘子』逍遥遊篇)