阿吽




阿吽(あうん)
【日々雑感】

3 紙
 紙は書道においてとても大切で、筆を役者にたとえると紙はさしずめ舞台と言えるでしょう。
私は作品を書くときに、筆はめったに替えませんが紙は頻繁に替えます。
質の異なる紙を数種類そろえておいて、自分が書こうとする作品に最もふさわしい紙を選びます。
にじみ、かすれ、肌理の細かさ、墨の透り具合など、紙の性質は実に千差万別です。
時には、自分が書いたというより、紙に書かせてもらったと感じることもあります。

(2013年3月25日)