29 無一物



無一物
 禅語。正しくは「本来無一物」。人間はもともと何も持たない存在だということ。
【日々雑感】

29 コウモリ
 それほど人里離れたところに住んでいるわけではないのですが、私の家の周りにはたくさんのコウモリがいます。
夕方になると薄暗がりの空を掠め飛んでいるコウモリをよく見かけます。
外で舞っている分には別に問題はないのですが、時折、家の中に飛び込んで来るのには閉口します。

初めて入ってきた時には驚きました。
その日は台風の接近で、ふだんは閉めない二階の雨戸を閉めようとした拍子に、何やら黒いものが入ってきたと思ったらコウモリでした。
クロス張りの白い壁にぴったりと張り付いて、ぶるぶると震えています。
考えてみれば、人間が驚く以上にコウモリの方が恐怖に怯えているのでしょう。
ゴジラに睨まれた人間みたいなものかと思うと、多少同情の気持ちもわいてきます。
段ボールの箱をそっとかぶせて少しずつずらすと、段ボールの中に跳び移ったので、そのまま外に出すと夜の闇の中に消えていきました。

またあるときは、いきなり家の中に飛び込んできて、威勢よく部屋の中を旋回し始めました。
窓を開けて外に出そうとしましたが、一向に出ていきません。
以前、スズメバチを外に出すのに、二か所の窓を開けて空気の流れを作ってやると出て行ったことを思い出して、もう一方の窓も開けてやるとようやく出ていきました。
家の中に入ってくるコウモリは迷惑ですが、自然が豊かな証拠かなと思うようにしています。

(2012年10月8日)