20 虚心坦懐



虚心坦懐(きょしんたんかい)
心になんのわだかまりもなく、気持ちがさっぱりしていること。平静な心境。
【日々雑感】

20 筆の手入れ
 毎日暑い日が続きますが、夏は水に触れるのが苦にならないので筆の手入れのし時でもあります。
しばらく使わなかった筆や残り墨で固まった筆を丁寧に水で洗い流しながらほぐしていきます。

筆屋さんにはやらないで下さいと言われているのですが、水を流しながら穂先を櫛で梳いたりもしています。
丁寧に作られた筆は実に素直に櫛で梳けて、製造工程で癖毛や曲がった毛がきちんと取り除かれていることを実感します。
穂の根元の部分(軸際)にはどうしても墨が残りやすいので、根元を固めたくない場合には、使った後に水に浸しながら口で墨を吸い出してやります。

夏の時期にとりわけ注意しなければいけないのは、筆立てに筆を挿しっぱなしにしないことです。
ものの2~3日で軸際の部分が蒸れて、カビが生えたり腐ったりします。
大切な筆を台無しにしないために、くれぐれもご注意を。

(2012年8月6日)