16 滌煩



滌煩
できはん。世の中の煩わしい事をきれいさっぱりと洗い流すこと。お茶の別名。
【日々雑感】

16 平勢先生
 平勢雨邨先生(1920-2009)は私の高校時代の恩師です。
水戸第一高等学校の書道部の顧問としてご指導をいただきました。
小柄で飄々とした風貌ながら、書に対する厳しさと、寸鉄人を刺す機智、それにユーモアをも持ち合わせた先生でした。
田邉古邨に師事し、書道一元会の会長として、漢字も仮名も共に能くされました。
先生と出会ったとき最初に、「君は筆を突くことを覚えなさい。」と言われたことは今も鮮明に記憶しています。

平勢先生は作品制作とともに書法研究にも力を注ぎ、西東書房から出版された「精萃・図説書法論」(全十巻)において、中心となって執筆、編纂に尽力されました。
最後の第十巻目に当たる「書法用語辞典」は2011年9月に出版され、シリーズは完結しました。
平勢先生はすでに鬼籍に入られていますが、その研究成果は後々の世にまで受け継がれていくことでしょう。
みなさんもよろしかったらぜひご覧になってください。

(2012年7月9日)