滄浪






滄浪(そうろう)
青々とした波。以前、知床半島を巡る遊覧船に乗り、オホーツク海を見たときにこの言葉が浮かびました。荒々しい北の海を予想していましたが意外に静かで、国後島が手の届きそうなくらい近くに見えたのが印象的でした。
【日々雑感】

3 ベートーヴェンの7番
 ベートーヴェンの交響曲第7番が好きでよく聴いています。
特に好きなのがカルロス・クライバーとバイエルン国立管弦楽団が1986年に来日して昭和女子大学人見記念講堂で演奏した時のライブで、これはもう指揮をしているクライバーの姿が音楽そのものです。
以前NHKで放送されたときに録画したものを大切に取ってありますが、いつ見ても新鮮な感動を覚えます。

(2012年4月9日)
 
カルロス・クライバー(1930-2004)