絶句(杜甫)





絶句(杜甫)
両個の黄鸝、翠柳に鳴き、一行の白鷺、青天に上る。窓には含む西嶺千秋の雪、門には泊す東呉万里の船。
つがいの鶯が緑の柳に鳴き交わし、一列の白サギは紺碧の空に舞い上がって行く。窓からは千年の雪を頂いた西嶺の景色が見え、門の前には東呉へ向けて万里の旅をする船が停泊している。
【日々雑感】

1 漢字の力
 「百人一首とパリ雑感」が終わりましたので、今回からは折々に書いた作品を毎週月曜日に掲載していきます。
楷書、行書、草書、篆書、隷書、仮名の各体、それに篆刻をとりまぜて、書きぶりもその時々の心持ちに応じて様々です。
今回は中国製のカラフルな詩箋に書いた唐詩。
日本の仮名をしばらく書いた後に漢詩を書くと、やはり漢字の持つ構造力はすごいと思います。

(2012年3月26日)